交通事故弁護士

修理代金の折り合いがつかず、代車利用期間が長期化してしまった事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

代車利用期間が争いとなった事例

争点:
代車利用期間
対応事務所:
宇都宮支部

事案の概要

ご依頼者様(40代・会社員)が所有する自動車をご依頼者様の奥様が乗っていたところに相手方車両が追突しました。

この件について、修理代金の折り合いがつかないため修理になかなか入ることができず、ご依頼者様の方で代車の他に車もないため、代車の利用が長期化していました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

通常1か月程度であることが多い代車利用につき、それが半年近くまで及んでいるということで、相手方保険会社との協議が難航しました。

相手方側でも代理人を立てることとなり、そちらとの協議を粘り強く行なったところ、「確かに、本人の負担とするのは厳しいか。」と理解を示してくれ、代車代は相手方保険会社で全額負担してくれることとなりました。

この件については、交渉での折り合いは難しいかもしれないと覚悟するところがありましたが、最終的には「どうすれば収まりがいいか」といった方向で相手方も考えてくれ、双方合意へと落着させることができました。
あきらめず取り組めば解決はあり得るのだと、実感する案件でした。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら