交通事故弁護士

賠償金の増額で早期解決に至った事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

賠償金の増額で早期解決に至った事例

争点:
損害賠償金額
対応事務所:
宇都宮支部

事案の概要

ご依頼者様(30代・会社員)が信号待ちで停車していたところ、後続の相手方車両に追突されました。

ご依頼前に相手方保険会社から示談案が提示されておりましたが、金額が妥当か分からず、当事務所にご相談されました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社からの提案を当職がみるに、慰謝料金額が低めの基準に則って提示されていたため、その増額を求めました。
すると、相手方保険会社はすんなりと提案額を約20万円上乗せしてきました。ご依頼者様も、それなら示談をまとめて早目に賠償金を受け取りたいというので、示談としました。

この件は、何か難解な点があったというわけではありませんが、きちんと弁護士を立てて申し入れれば、案外金額の上乗せをスムーズに得られる場合があるのだということを実感しました。
裏返せば、自力で事故を解決しようと考えた場合には、低い金額で示談をしてしまうケースも多いのだろうと思います。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら