メニュー

交通事故弁護士

相手方が過失割合に納得していないため代理人を引き受けたところ、一転して要望に応じた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

代理人を引き受けたところ相手方が要望に応じた事例

争点:
過失割合
対応事務所:
宇都宮支部

事案の概要

ご依頼者様(20代・会社員)の自動車が中央分離帯のある道路を直進中、相手方車両が右方側道より分離帯の切れ目を横切って急に進路へ進入してきたため、衝突した事案です。

ご依頼者様側は過失割合1:9で収めようと考えておりましたが、相手方本人がそれに納得をしないため、相手方保険会社からも色よい返事が出ないという状態でした。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当職より受任を相手方保険会社に通知したところ、一転して1:9で応じたいという回答が出ました。依頼者は、もとより早期に事故を解決したいというのが第一希望であり、それなら示談として終わらせたいというので、こちらも合意をしました。

当職が代理人として入ったことがきっかけで、早急な解決が達成できたようで、こちらとしてもよかったと思えた事案でした。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら