メニュー

交通事故弁護士

休業損害と逸失利益に否定的な相手方保険会社に対して粘り強く交渉し、当初の見解よりも増額することができた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

休業損害と逸失利益が争いになった事例

争点:
賠償金額
逸失利益
休業損害
対応事務所:
宇都宮支部

事案の概要

ご依頼者様(50代・自営業)が雪道を走行中、側方車線を走行していた相手方車両がスリップを起こして対向車と衝突し、その弾みでご依頼者様の乗る車両にも衝突した事案です。

相手方保険会社が、ご依頼者様の収入が数字上は事故後も減っていないことを理由に、休業損害と逸失利益について否定的な回答を行っておりました。
この件については、ご依頼者様の方から「費用的な問題で訴訟に移行する余裕がないため、交渉でなるべくいい条件を引き出せるようまとめてほしい。」という希望が出ておりました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まず、後遺障害等級認定申請を行い、後遺障害等級を獲得しました。

次に、すでに相手方保険会社にも送っていた依頼者の収入関係資料に、怪我自体後遺症と認められるほどのものだったことなど合わせて仕事に差し障りがないとは考えられないことを説得した。相手方保険会社からの疑問に対する追加資料を粘り強く出すなどして交渉を続け、休業損害としては10万円だが、それと引き換えに逸失利益はこちらの請求通りで認めてもらうことで手を打ちました。

相手方保険会社の当初見解に沿った場合よりも、約120万円を上積みで獲得することができました。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら