メニュー

交通事故弁護士

特殊な事情で症状固定前に通院不可能となったが後遺障害等級が認定された

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

特殊な事情により通院不可能となったが後遺障害等級が認定された事例

後遺障害等級:
14級
争点:
後遺障害等級認定
対応事務所:
宇都宮支部

事案の概要

ご依頼者様(50代・自営業)の乗る原付二輪が道路を直進中、右側車線より相手方車両が急に車線変更を行い、ご依頼者様の原付と接触、転倒させました。

きわめて特殊な事情により、依頼者は、症状固定直前で通院することができなくなりました。
そのままでは、後遺障害等級認定申請も示談交渉も行い得ない状況であったため、当事務所にご相談頂きました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まずは、治療終了を確定させ、後遺障害等級認定申請に必要な資料を取りそろえるところから始めました。

ご依頼者様の主治医に連絡を取り、最後の通院までに作成された医療記録を確認したり、主治医との協議の中で、既存の医療記録上のみからの情報で後遺障害診断書に記載できる事項を聴取し、後遺障害診断書を作成してもらいました。

それを基に、被害者請求の方法により後遺障害等級認定申請を行った結果、14級が認定されました。

引き続き示談交渉も行い、過失割合による調整はありましたが、既払及び自賠責保険金を除き約150万円を獲得することができました。

宇都宮支部の解決事例一覧はこちら