メニュー

交通事故弁護士

交渉段階で、裁判基準の満額に近い賠償金額が認められた事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交渉段階で、裁判基準の満額に近い賠償金額が認められた事例

対応事務所:
横浜支部

事案の概要

ご依頼者様(40代男性、自営業)の運転するバイクが三車線の追越し車線を走行中、当該バイクより前方の真ん中車線を走行していた相手方自動車が急に追越し車線に車線変更したため、後方からきたご依頼者様バイクと衝突した事案です。

事故から間もないご相談であり、過失割合はもちろん、物損も人身も決まっていない状態でしたが、相手保険会社の対応が遅く、話が全然進まないということで、ご依頼を頂きました。

弁護士法人ALG横浜支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼しばらくは通院を要する状態であったため、先に物損及び過失割合の話を進めることにしました。

物損については、ご依頼者様のバイクがカスタムされていた他、ヘルメットや着衣の損害も生じていたため、損傷の状況や購入時価格などを証明する資料を一つ一つ収集し主張したところ、過失割合に関する主張も含め、こちらの主張が全面的に認められました。

治療が一段落した後は、人身の話を進めました。

ご依頼者様は自営業者であったため、休業損害を請求するに当たり、収支内訳書や納税証明書等によって合理的な基礎収入額を主張立証したところ、傷害慰謝料も含め、裁判基準の満額に近い賠償金額が認められました。

物損、人身ともに、ほぼ全面的にこちらの主張が認められた形となり、主張立証がうまくいった事案でした。

横浜支部の解決事例一覧はこちら