メニュー

交通事故弁護士

当初提示額約130万円→2倍以上の約300万円となった事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

当初提示額約130万円→2倍以上の約300万円となった事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
横浜支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約130万円 約300万円 約170万円の増額

事案の概要

ご依頼者様(30代女性、兼業主婦)は、事故により頸椎捻挫等となり、14級9号が認定されていましたが、相手保険会社からの提示金額が約130万円止まりであったことから、この金額が適正妥当なものであるのか、弁護士法人ALG横浜支部にご相談されました。

弁護士法人ALG横浜支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士が相手保険会社からの提示内容を確認すると、「任意保険会社基準」と謳いながら、実際には自賠責基準に近い金額にとどまっており、裁判基準に基づく金額とは大きな開きがありました。

そこで、弁護士の方で裁判基準に基づく金額を算定し、相手保険会社に提示。

余りに低額な金額に固執するようであれば、裁判(訴訟)とすることも辞さない態度を示しました。

これに対し、相手保険会社はある程度譲歩する姿勢をとってきましたが、弁護士の方で再度交渉したところ、最終的に、裁判基準の満額に近い賠償金額で示談となりました。

相手保険会社からの提示金額に不信感、違和感を覚えた時には、ひとまず弁護士に相談することをお勧めします。

横浜支部の解決事例一覧はこちら