メニュー

交通事故弁護士

後遺障害非該当から異議申立てで併合14級が認定され、賠償金額が3倍以上にアップした事例

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

後遺障害非該当→異議申立てで併合14級→賠償金額が3倍以上にアップした事例

後遺障害等級:
14級9号
ご依頼者様の症状:
頸椎捻挫
争点:
賠償金額
対応事務所:
横浜支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 併合14級 非該当からの等級認定
賠償金額 約80万円 約250万円 約170万円の増額

事案の概要

自動車で信号待ち停止中のご依頼者様(40代女性、兼業主婦)が、後方から走行してきた加害自動車に追突され、頸椎捻挫、腰部挫傷等の診断を受け、7ヶ月近く通院した後、後遺障害等級申請(事前認定)をしましたが、結果は非該当、相手保険会社側から、示談金として約80万円が提示されていました。

ご依頼者様は、症状固定後も通院しなければならない程に症状が残存しているにもかかわらず非該当であることに納得がいかないということで、自賠責保険に対する異議申立て及び人身の示談交渉をお手伝いさせて頂くことになりました。

弁護士法人ALG横浜支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事前認定の段階で作成された後遺障害診断書の内容を見たところ、検査結果の内容や症状の見通しについての記載が十分でないと考え、新たに後遺障害診断書を作成してもらいました。

また、追加の資料として、診療録(カルテ)も取り付けました。

その上で、異議申立ての趣旨として、必要な検査で陽性反応が出ていることや、通院頻度が高いことなどをできる限り詳細に主張しました。

その結果、頸椎捻挫、腰部挫傷ともに14級9号の認定を受けました。

非該当から併合14級になったことにより、損害項目として後遺症慰謝料、後遺症逸失利益も加わり、最終的に、当初の提示金額約80万円から3倍以上増額した約250万円で示談となりました。

地道に後遺障害診断書の取直しや診療録(カルテ)の取付けを行ったことが功を奏したのではないかと感じる事案でした。

横浜支部の解決事例一覧はこちら