交通事故弁護士

物損事案の過失割合が大幅に有利なものとなった事例

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

物損事案の過失割合が大幅に有利なものとなった事例

争点:
過失割合
対応事務所:
横浜支部

事案の概要

ご依頼者様(50代男性、会社員)の運転する自動車が、信号機のない丁字路交差点を右折しようとしたところ、右側後方から相手方の運転するバイクがご依頼者様自動車を追い越そうとしたため、衝突した事故でした。

事故直後、相手方は、ご依頼者様の方が責任(過失)が大きいと主張しており、相手保険会社が窓口となった後も、譲歩できて5:5(イーブン)であるとの主張を維持したため、ご依頼者様は、過失割合に納得ができないとして、弁護士法人ALG横浜支部にご相談されました。

弁護士法人ALG横浜支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様から事故状況の詳細を聞く限り、相手方の主張する事故状況に不自然な点があると感じました。

そこで、警察署から物件事故報告書を取り寄せる他、相手保険会社のアジャスターが作成した現場見取図(事故状況図)等も取り寄せた上で、事故状況を精査しました。

その結果、今回の事故の主な原因は、右側後方から無理に追い越そうとした相手方にあると考え、これらの資料に基づき、ご依頼者様から聞いた事故状況の主張及び相手方の主張する事故状況への反論を行いました。

併せて、ご依頼者様主張の事故状況に応じた過失割合も主張しました。

最終的に、相手保険会社が、5:5からさらにご依頼者様にとって有利な過失割合を提示してきたため、その過失割合の内容で示談となりました。

過失割合に関しては、現場見取図や事故車両の損傷写真等、客観的な証拠が非常に重要な意味を持つことを改めて感じた事案でした。

横浜支部の解決事例一覧はこちら