line
0120-790-073 タップして電話できます
後遺障害等級認定は医学博士弁護士率いる私たちにご相談ください
後遺障害等級認定は医学博士弁護士率いる私たちにご相談ください

ご相談は無料です!お気軽にご相談ください

被害者専用ダイヤル

0120-790-073 タップして電話できます

24時間予約受付・年中無休・通話無料

増額しなければ成功報酬はいただきません

相談料0円、着手金0円、弁護士報酬成功報酬、弁護士費用後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、 直接弁護士にはお繋ぎできません。

後遺障害等級認定弁護士へすべてお任せください

  • 保険会社とのやりとり

    保険会社とのやりとり
  • 認定を見据えた検査・治療アドバイス

    認定を見据えた検査・治療のアドバイス
  • 申請書類チェック

    申請書類のチェック
  • 非該当の場合異議申立て

    非該当の場合異議申立て

弁護士が介入し適切な後遺障害等級認定が得られれば慰謝料も大きく増額します

後遺障害が残りお困りの方弁護士へご相談ください

ご相談は無料です!お気軽にご相談ください

被害者専用ダイヤル

0120-790-073 タップして電話できます

24時間予約受付・年中無休・通話無料

増額しなければ成功報酬はいただきません

相談料0円、着手金0円、弁護士報酬成功報酬、弁護士費用後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、 直接弁護士にはお繋ぎできません。

保険会社にすべて任せていると適切な等級認定されない場合があります

適切な等級を得るためには被害者請求を行いましょう

保険会社は営利を目的として働いています

保険会社は営利を目的として働いています 保険会社は営利を目的として働いています

保険会社が提示してくる損害賠償金は、適正額よりもはるかに低額であることが多いです。
保険会社は営利を目的としているため、担当者がいくら親切そうであっても、被害者のために行動することはありません。

「事前認定」は加害者側の任意保険会社にすべて任せられるため、被害者としては楽な方法ですが、加害者側である任意保険会社がどれだけ綿密に手続きしてくれるのかはわかりません。

また、最低限の書類で審査を行うことになるため、適切な等級が認定されない場合があります。

被害者請求とは

交通事故の被害者が自分で後遺障害等級の申請を行う方法です

交通事故の被害者が自分で後遺障害等級の申請を行う方法です。 交通事故の被害者が自分で後遺障害等級の申請を行う方法です。

保険会社に任せる方法と比べて納得のいく等級認定される可能性が高いです

弁護士介入後

しかし被害者請求には知識と労力が必要です

  • 保険会社に治療費打ち切りを言われた!

    保険会社に治療費打ち切り言われた!

  • 症状固定のタイミングはいつ?

    症状固定タイミングはいつ?

  • 後遺障害診断書の内容は正しい?

    後遺障害診断書内容は正しい?

  • 交通事故との因果関係の証明はどうすればいい?

    交通事故との因果関係の証明どうすればいい?

  • 想定していたより後遺障害等級が低い!

    想定していたより後遺障害等級低い

  • 異議申立ての方法は?

    異議申立て方法は?

面倒な手続きはすべて弁護士法人ALGへお任せください

保険会社との対応

保険会社との対応

保険会社との煩わしいやりとりをすべて任せることが出来ます

保険会社の担当者は被害者の方の仕事や都合にお構いなしで電話をかけてくるという不満をよく聞きます。
弁護士に依頼することで、そのような煩わしい保険会社とのやりとりをすべて任せることができます。

また、弁護士が保険会社との間に入ることにより、ご依頼者様は治療に専念でき、精神的な負担も軽減することができます。

検査、治療のアドバイス

検査、治療のアドバイス

治療後の後遺障害等級認定を見据えてアドバイスいたします

検査や治療等の方針を決めるのは当然主治医の先生ですが、医師は治療をするのが仕事であり、治療後の後遺障害等級認定のことまでは考えてくれません。

後遺症が残ってしまい、後遺障害等級認定の申請をするときに、「なぜこの検査がされていなかったのか?」「MRI画像を早期に撮っていれば」等、検査結果がないことにより、適切な後遺障害等級に認定されないこともあります。
弁護士法人ALGでは、後遺障害等級認定を見据えたアドバイスが可能です。

申請書類のチェック

申請書類のチェック

適切な後遺障害等級を認定してもらうために弁護士へご相談ください

後遺障害等級認定の申請をするためには、症状固定後、主治医に後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。
後遺障害等級認定は、後遺障害診断書を中心とした書面審査なので、後遺障害診断書の記載内容が非常に重要になります。

後遺障害診断書に記載漏れや曖昧な表現があったために、不適切な後遺障害等級が認定されてしまうことも少なくありません。
後遺障害等級認定を適切に獲得するには弁護士に相談しておくことが重要です。

後遺障害等級認定の異議申立て

後遺障害等級認定の異議申立て

納得ができる認定結果を得られる可能性を高めることができます

後遺障害等級認定の異議申立てに成功する確率は、被害者全体の9.4%程度と、厳しい傾向にあるのが実情です。

一度認定された結果を覆すためには、初回の申請時の提出書類を、後遺障害等級の認定基準を意識した医学的な見解から分析し、交通事故との因果関係があることや後遺障害等級の認定基準を満たしていることを証明できるような、新たな書類を作成する必要があります。

弁護士に依頼することで、納得ができる認定結果を得られる可能性を高めることができます。

ご相談は無料です!お気軽にご相談ください

被害者専用ダイヤル

0120-790-073 タップして電話できます

24時間予約受付・年中無休・通話無料

増額しなければ成功報酬はいただきません

相談料0円、着手金0円、弁護士報酬成功報酬、弁護士費用後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、 直接弁護士にはお繋ぎできません。

医療事故チームと交通事故チームが連携

医療事故チーム×交通事故チーム

後遺障害における医学知識の重要性

交通事故の事案を扱っていると、医療分野と非常に密接であることを痛感します。
特に、後遺障害等級認定の申請手続時や賠償額の算定時には、医学知識が不可欠であるといっても過言ではありません。

例えば、大きな怪我を負われた場合は、賠償額も高額になるため、相手方は減額の交渉を試みます。

また、後遺障害の賠償を求める場合、発症した傷病と交通事故との因果関係を立証することがポイントとなります。
それらを巡り、示談交渉や裁判において高度な医学論争に発展することも少なくありません。

そんなとき、医療問題に精通している弁護士に依頼をすれば、医学的根拠に基づく主張をしてもらうことができるため、被害者の方にとって有益な結果を得られる可能性が高まります。

医学博士の学位を持つ代表弁護士を筆頭に医療過誤問題を取り扱う医療事故チーム設置しています

  • 週1回の医療判例や臨床医学の勉強会の実施

    週1回の医療判例臨床医学勉強会の実施

  • 解剖生理学等の試験合格の義務付け

    解剖生理学等の試験合格の義務付け

  • 業務の一環として医学研究科博士課程への進学

    業務の一環として医学研究科博士課程への進学

増額しなければ成功報酬はいただきません

※諸経費20,000円(税込22,000円)がかかります

豊富な経験と知識があります

交通事故の累計相談件数

  • 保険会社の治療打ち切りに対応できる
  • 症状固定の正確なタイミングがわかる
  • 後遺障害診断書の内容を確認できる
  • より適切な後遺障害等級の診断異議申立てができる

あなたのお悩み弁護士がサポートいたします

保険会社に治療打ち切りを言われた

保険会社との交渉は示談交渉のプロである弁護士あなたに代わって対応いたします

症状固定のタイミングがわからない

症状固定のタイミング賠償金増額のために重要なポイントですので経験豊富な弁護士にご相談ください

後遺障害診断書の中身が正しいか不安

医学弁護士率いる弁護士法人ALGの弁護士が内容を確認し医師に修正依頼ができます

等級が低くて納得がいかない

認定された後遺障害等級を診断し適切でなかった場合あなたの代わりに異議申立てをします

事案の概要

依頼者は、交通事故に遭われて頚椎捻挫の怪我を負い、難聴を伴う耳鳴りを発症しました。

ご相談時、自賠責保険において「難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの」として後遺障害等級第14級相当が認定され、相手方保険会社より賠償金として約170万円が提示されていましたが、賠償金が妥当なのか疑問に思われ、弊所にご相談いただきました。

後遺障害等級認定

14級→12級
弁護士の介入により増額

保険会社から提示された賠償金額に納得がいかない

被害者の方にとって最も手厚い補償の算定基準賠償金額を算出します

事案の概要

依頼者は40代の女性で、横断歩道を対面信号青色で横断中に、交差道路を進行してきた乗用自動車に衝突される事故に遭われました。

事前認定にて後遺障害等級非該当とされ、これを前提として、相手方保険会社より賠償案が提示されていましたが、認定結果及び賠償案が妥当なのか疑問に思われ、弊所にご相談いただきました。

後遺障害等級認定

非該当→14級
弁護士の介入により増額

重度の障害が残ってしまったので将来のために適切な後遺障害等級を得たい

重度の障害はより専門知識が必要です医学博士弁護士が所属する弁護士法人ALGへご相談ください

事案の概要

交通事故により高次脳機能障害が生じ、後遺障害等級5級2号に該当しており、既にその内容で示談が成立(※)していましたが、そこから異議申立てを行いさらに後遺障害等級を上げてほしいとのご依頼でした。

後遺障害等級認定

5級2号→3級3号

※既に示談が成立している場合、必ずしも異議申立てができるとは限りません。

ご相談は無料です!お気軽にご相談ください

被害者専用ダイヤル

0120-790-073 タップして電話できます

24時間予約受付・年中無休・通話無料

増額しなければ成功報酬はいただきません

相談料0円、着手金0円、弁護士報酬成功報酬、弁護士費用後払い

※諸経費20,000円(税込 22,000円)がかかります。 ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合 ※事案によっては対応できないこともあります。 ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。 ※法律相談は、受付予約後となりますので、 直接弁護士にはお繋ぎできません。

ご相談者様の声

業務の一環として医学研究科博士課程への進学

ご相談時の弁護士応対にて「満足」とご評価いただいた理由

分かりやすく、親身にお話を聞いて下さり、依頼後のリスクについてもきちんとご説明いただき、安心してお任せできました。

ただでさえつらい事故被害。間に入って下さり心強いです。

保険会社との交渉力に自身があります 保険会社との交渉力に自身があります

保険会社との交渉力自身があります

今日、発生している交通事故は、その大半が裁判に移行することなく示談で解決しています。
そして、その示談交渉相手は、加害者本人ではなく、加害者が加入している保険会社であることがほとんどです。

交渉相手となる保険会社は、いくつもの事案を経験しているため、示談交渉や裁判への体制・耐性が整っています。
いわば示談交渉のプロであり、初めて交通事故に遭った被害者の方が対等に渡り合うことは困難であるといえるでしょう。

そこでぜひ弁護士法人ALGの弁護士をお役立てください。交通事故の事案に特化した弁護士は、同じく示談交渉のプロです。
的確な判断のもと、被害者の方に代わって、被害者の方の立場で、交渉していきます。