メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故無料相談までの流れ

交通事故事業部の弁護士とスタッフがチームとなってサポートします

スタッフと弁護士でご依頼者様をサポートします スタッフと弁護士でご依頼者様をサポートします

弁護士法人ALGでは、交通事故事件に特化した弁護士専属のスタッフがチームとなって、ご相談から解決までご依頼者様をサポートいたします。

弁護士法人ALGのスタッフは、単に電話取次や事務を処理する事務職員ではなく、専門知識を身に付け、弁護士と共に事件解決に当たるリーガルスタッフです。

そのため、受付スタッフは、ご相談者様のお悩みやご質問を解決するために必要な事情を的確に聴き取ることが出来ますし、事務スタッフは、専門的で難しい交通事故の手続きを円滑に進めるためにご依頼者様をサポートすることができます。

交通事故に遭われ、大変な思いをされている方のお力になれるよう、親切・丁寧な対応を心がけていますので、安心してお任せください。

お電話や無料相談をしたからといって、無理に契約を勧めるようなことはいたしません。どうぞお気軽にお電話・ご相談ください。

遠方にお住まいの方も、安心してご相談いただけます

お電話での無料相談も可能です

弁護士法人ALGは交通事故のご相談について全国対応いたします。北海道から沖縄まで、オフィスがない地域からのお電話相談が40%を超え、全国からご相談いただいておりますので、遠方の方もご安心ください。Skypeなどを用いることで、ご家族の皆様もご一緒にご相談いただけます。

交通事故 無料相談までの流れ

お問い合わせ

お気軽にご連絡ください

お電話もしくはメールフォームよりお気軽にご相談下さい。
交通事故事件専属の受付スタッフが、事故状況や被害者の方のお悩み等を詳細にお伺いし、法律相談までに準備して頂きたい事項があればご案内いたします。
また、弁護士との法律相談は予約制ですので、ご都合の良い日時をお伺いいたします。

交通事故ご相談専用ダイヤル

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

メールフォーム
交通事故にお悩みの方はお気軽にご相談ください

話しやすい雰囲気作りを心がけていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

事前ミーティング

弁護士と受付スタッフがご相談の事前準備を行います

お電話でお伺いした内容を基に、弁護士と受付スタッフでミーティングを行い、法律相談までに必要な準備事項を打ち合わせます。また、弁護士は、ご相談までに可能なリサーチを行い、事件の方針、見通し等を検討します。

交通事故にお悩みの方はお気軽にご相談ください

事前準備をしっかり行うことで、充実した法律相談を行うことが出来ます。

無料相談

お電話でのご相談も可能です

弁護士に疑問点やお悩みなどをお聞かせください。事前の聴き取りとリサーチに基づき、具体的なアドバイスをいたします。
また、見込まれる後遺障害等級、適正な損害賠償額、予想される争点など事件の見通しを可能な限りご説明し、解決までの道筋と事案に応じた戦略をご提案いたします。もちろん、弁護士費用についてもご説明いたします。

来所相談の場合
最寄りの本部または支部をご案内させて頂きます。
お電話相談の場合
予めスタッフがご都合の良い日時をお聞きし、時間になれば弁護士からお電話をさせて頂きます。
交通事故にお悩みの方はお気軽にご相談ください

事前に詳細をお伺いして準備しているので、具体的なご説明やご提案が可能です。

交通事故は医学博士弁護士が在籍している弁護士法人ALGにお任せください!

弁護士法人ALGでは、医療過誤問題に積極的に取り組んでおり、医学知識の向上に力を入れております。私どもは、重篤な後遺障害が争点となるような事案において、医療問題に精通している弁護士に依頼すべきと考えております。

ここでは、後遺障害等級認定において医学知識を持つ弁護士の優位性と、弁護士の見極め方について解説します。

なぜ医学知識を持つ弁護士が交通事故に強い?

後遺症事案で医学知識が求められる理由や、弁護士の選び方など医学博士の学位を持つ弁護士が解説します。

交通事故の後遺症事案で、なぜ医学知識が必要?

後遺障害が問題とならない事案や、後遺障害であってもむち打ち程度の事案であれば、交通事故事案を処理する弁護士に高度な医療問題の知識や経験が必要になってくるとは思いません。

しかしながら、後遺障害1級や2級など、重篤な後遺障害が争点となるような交通事故事案においては、高度な医学論争に発展することが珍しくありません。したがいまして、そのような交通事故事案を依頼する場合には、医療問題にかなり精通している弁護士に頼んだ方がはるかによいと言えます。特に、重度の後遺障害は、損害賠償額にも大きく影響するところなので、医療問題に強い弁護士に依頼しているか否かで、被害者がどれだけの賠償を得られるかに影響してくるところなので、依頼する方にとっては重要なところです。

医療問題に精通した弁護士を探す際に重要なのは、弁護士が医療過誤などの医療問題にも精通しているか否かということです。

なぜ医療過誤訴訟にも精通している弁護士でないとダメなの?

被害者が重度の後遺障害を負うような深刻な交通事故は、交通事故全体のほんの一部に過ぎません。多くの事件は、せいぜいむち打ち止まりです。弁護士法人ALGも、かなり多くの交通事故案件を手がけてきましたが、重度の後遺障害を有するような事案は1割にも及びません。

交通事故事案を手がける弁護士は非常に多く、少々大袈裟に言えば、日本中の弁護士のほとんどが手がけていると言ってもよいほど、弁護士にとってはメジャーな分野です。
このような背景の下で、重度の後遺障害を伴う案件だけ特定の事務所に集中するというのは現実的ではないことになります。

これに対して、医療過誤問題を数多く手がけている弁護士は、医療事件に精通していると考えることができると思います。カルテも読み慣れているし、医学文献などの専門書も読み慣れています。そういうわけで、重度な後遺障害を負っている交通事故事案では、医療問題を普段から取り扱っている弁護士がまさに力を発揮できる分野なのです。

医療問題に精通しているから後遺症事案にも強い

後遺障害事案を適切に処理できる弁護士の選び方

交通事故を取り扱っている弁護士や法律事務所の多くが、医療にも精通していると謳っているのが現状です。その中から本物を見分けなければならないという洞察力が依頼者には求められることになります。当然ですが、弁護士のWebサイトも広告である以上、誇大広告的なものがあっても不思議ではありません。

その弁護士が医療問題にも精通し、医学に詳しい弁護士であるか否かを判断するためのテクニックを紹介致します。
例えば、「医療過誤 弁護士」という検索キーワードで調べて見る。交通事故のサイトだけ見てもダメです。そして、もし医療過誤案件も扱っているサイトを見つけたら、そのサイトの内容を見て、その弁護士事務所がどれだけ本気で医療事件に取り組んでいるかが分かります。本気で医療事件を手がけている弁護士事務所であれば、医療紛争に関するかなり詳しいサイトを持っているはずです。

最後に

重度の後遺障害を伴う交通事故案件は、時に賠償額が億単位に及ぶ重大事件ですので、弁護士の選択は、被害者の方たちのその後の人生にも大きく影響してきます。弁護士の選択で間違うことがないように、そしてそのような深刻な被害を受けた方たちが、適切な救済を受けられることを切に願っております。