交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

損害額計算

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する
性別
事故に遭った年齢
等級
年収 万円
年収/平均
入院期間
通院期間

あなたの損害額は…

総額

0
                      

程度となる可能性があります

                      

※ただし、過失割合がない場合を想定しています。

さらに
増額が見込めるかもしれません!

どのくらい増額するのか気になったら今すぐお電話下さい!専門スタッフが丁寧にご案内いたします

タップでお電話できます!/

0120-790-073
24時間受付・年中無休通話料無料
24時間受付・年中無休・通話料無料

メール相談はこちら

※下記注意喚起をお読みください。

内訳
後遺障害逸失利益:0
入通院慰謝料:0万円
後遺障害慰謝料:0万円
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停などの手続きが異なる場合や地域性等によって、算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※通院が長期にわたる場合は、症状、治療内容、通院頻度をふまえ実通院日数の3.5倍程度を通院慰謝料算定のための通院期間の目安となり、通院慰謝料が減額されることがあります。
  • ※傷害の部位・程度及び後遺障害の症状・程度により、損害額は増減額します。上記記載の損害額はあくまでも目安となりますのでご注意ください。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停などの手続きが異なる場合や地域性等によって、算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※通院が長期にわたる場合は、症状、治療内容、通院頻度をふまえ実通院日数の3倍程度を通院慰謝料算定のための通院期間の目安となり、通院慰謝料が減額されることがあります。
  • ※記載の損害額は、後遺障害逸失利益について、労働能力喪失期間を、14級であれば5年、12級であれば10年として算定しています。そのため、傷害の程度、後遺障害の程度によっては、労働能力喪失期間が短く算定され、損害額が減額される可能性があります。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください
性別
死亡時の年齢
被害者の立場
扶養している家族の数
年収 万円
就労の有無

あなたの損害額は…

総額

0

程度となる可能性があります

                      

※ただし、過失割合がない場合を想定しています。

さらに
増額が見込めるかもしれません!

どのくらい増額するのか気になったら今すぐお電話下さい!専門スタッフが丁寧にご案内いたします

タップでお電話できます!/

0120-790-073
24時間受付・年中無休通話料無料
24時間受付・年中無休・通話料無料

メール相談はこちら

※下記注意喚起をお読みください。

内訳
死亡慰謝料:0万円
死亡逸失利益:0
  • ※記載の損害額は、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定しており、示談協議、調停などの手続きが異なる場合や地域性等によって、算定基準が異なり、獲得できる損害額が増減する可能性があります。
  • ※記載の損害額は、過失割合がない前提の金額であり、過失割合がある場合には、獲得できる損害額は減額されます。
  • ※記載の損害額は、損害賠償として請求できるものの全部を取り上げたものではなく、事案によっては、内訳に記載された損害項目以外のものも請求できる場合があります。
  • ※記載の損害額には、入通院慰謝料は算入されておらず、入通院後死亡された場合には、慰謝料額が増額することがあります。
  • ※年金を受給している場合は、就労をしていない場合であっても、死亡逸失利益が損害額となります。
  • ※年収の平均値は平成29年度の男女別・年齢別・学歴計の賃金センサスを採用しています。年収の平均値を使用して算定した場合には、記載の金額と実際に獲得できる損害賠償額との間に差が出ることがあります。
  • ※記載の慰謝料はあくまでも被害者個人の損害額の目安であり、死亡事故においては、被害者の近親者固有の慰謝料が認められる場合があります。
  • ※上記記載の金額はあくまでも「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(赤い本)をもとに算定した目安であり、個別具体的な事情により、増額も減額もし得ます。そのため、あくまでも目安と考え、示談をする前には、必ず弁護士までご相談ください