メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故被害者の方へ

経験豊富な弁護士があなたに寄り添います

増額しなければ成功報酬は頂きません!相談料0円、着手金0円、弁護士報酬は成功報酬制、弁護士費用は後払い
  • 増額しなければ成功報酬はいただきません※諸経費2万円(税別)がかかります。

    増額しなければ成功報酬は頂きません!
    • 相談料0円 相談料0円 相談料0円
    • 着手金0円 着手金0円 着手金0円
    • 弁護士報酬成功報酬 弁護士報酬成功報酬 弁護士報酬成功報酬
    • 弁護士費用後払い 弁護士費用後払い 弁護士費用後払い
    • ※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合
    • ※事案によっては対応できないこともあります。
    • ※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

保険会社は交通事故被害者の方の味方だと思っていませんか?

「対応が早く、示談金もすぐに提示してもらえて、保険会社はなんて親切なのだろう」と思われる方も多いのではないでしょうか。保険会社は、あくまでも自社の営利を追求する一企業です。早期に提示された示談金も、会社の損益を考えた最低限度の補償内容であることがほとんどといえるでしょう。 弁護士法人ALGは、豊富な経験や実績を誇るため、示談内容の適正性を見過ごしません。弁護士は、被害者の方の『真の味方』となって尽力いたします。当法人は、相談料・着手金無料、成功報酬制なので、ぜひお気軽にご相談ください。

動画でわかる保険会社は被害者の味方?

交通事故被害者の方の“真の味方”となれる弁護士へご相談ください

弁護士に依頼するメリット

弁護士法人ALGが
選ばれ続けている理由

経験豊富な弁護士が解決まで全力サポートいたします。

私たちが選ばれ続けている理由

弁護士だけではなく、
交通事故チーム全体でサポートいたします

弁護士法人ALGは、事業部制を導入し、交通事故分野に特化することで、様々な交通事故案件をこなせるようなスペシャリストを目指しています。ご依頼いただいた事案は、一つ一つ真摯に対応しています。そして、弁護士だけですべてを対応しているのではなく、スタッフも含めたチームを設置し、一丸となって取り組んでいます。

通院中での問題にお困りの方

後遺障害等級の認定を受けたい方

提示された金額に疑問がある方

弁護士

保険会社から提示された金額に疑問がある方、適正な金額を弁護士が請求いたします

休業損害 逸失利益 慰謝料

示談書にサインする前に

背景

この金額で示談してしまっても良いのか、金額が低いのではないかと疑問に思われていませんか?賠償金額が提示されたら、後悔しないためにも賠償金額無料診断サービスをご利用ください。保険会社から提示された示談案(示談書)をもとに、弁護士が賠償金額の適正額を算出いたします。弁護士に依頼する・しないにかかわらず、お気軽にご利用ください。

賠償金額を無料診断

ご相談から解決までの流れ

交通事故の知識

後遺障害別のお悩み

弁護士による解決事例

弁護士法人ALGが解決した案件の一部を紹介しています。

掲載中の事例数:302

解決事例をもっと見る

お客様の声

弁護士法人ALGに寄せられたお客様の声をご紹介します。

弁護士に相談いただいたお客様の声

メリットだけではなく、懸念される点についてもしっかりと説明していただきました

親切で丁寧にわかりやすくご説明いただいて良かったです。
また、メリットだけではなく、懸念される点についてもしっかりと説明してくださったところに誠実さを感じました。

お客様の声をもっと見る

交通事故でよくあるご質問

Q

相手方保険会社から「治療費の支払いを打ち切る」と言われたのですが、今後は治療費を自分で支払うしかないのでしょうか?

A

以下の3通りの対応を検討しましょう。

①弁護士に依頼して、治療の延長交渉をしてもらう。
②健康保険に切り替えて、治癒または症状固定の診断を受けるまで治療を継続する。
③加入している任意保険会社の人身傷害保険特約を使用する。

後遺症が残った場合の対応や、治療に専念するためにも①をおすすめします。
詳しくはこちらをご覧ください。

治療打ち切りについて
Q

後遺症が残ってしまい、この先不安です。しっかりと賠償してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

A

後遺障害として認定されることで、後遺症が残ったことに対する慰謝料や逸失利益が請求できます。まずは、後遺障害等級認定の申請を行いましょう。
ただし、認定されるには様々な注意事項があります。交通事故事案の経験が豊富な弁護士に依頼すると等級認定の確実性が高まり、しっかりとした賠償を受けられる可能性も高くなります。
詳しくはこちらをご覧ください。

後遺障害等級認定の申請について
Q

交通事故に強い弁護士の選び方を教えてください。

A

交通事故事案に特化し、実績が豊富な弁護士に依頼すると良いでしょう。
また、後遺症が残った場合は特に、医療分野にも精通している点が重要となってきます。

弁護士との相性の兼ね合いもありますので、一度無料相談に申し込まれることをおすすめします。

他にも弁護士を選ぶうえで気をつけるポイントがありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

交通事故を弁護士に相談するときの選び方について