交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故の被害に遭ってから示談成立までの期間は?短い期間で解決する方法を教えます!

交通事故のご相談はこちら

示談交渉成立までの期間がどれくらいか知りたい!

示談交渉が成立するまでの期間がどれくらいなのか、知りたい方は多いのではないかと思います。しかし、示談交渉の期間がどれくらいかを一概にいうことはできません。 そもそも、示談交渉には開始する時期や終了する時期の定めはありません。示談は「これ以上損害賠償請求しませんよ」という合意ですので、その内容も自由です。 一般的に、怪我の治癒又は症状固定以降が示談成立の最適なタイミングといえますが、すべての当事者が必ずしもそこで示談するとは限りません。また、怪我の治癒や症状固定までの期間も、怪我の程度によってまちまちです。 そのため、示談交渉成立までの期間は事案によって様々なのです。

示談交渉の期間は事案によって大きく変わる

交通事故は、物損事故と人身事故に分かれます。 物損事故は、自動車や住宅等が損壊したものの人に怪我がない等、物損のみが発生した場合の交通事故です。示談交渉を開始するには損害額が確定していることが必要ですが、物損事故の場合、損害額は自動車等の修理費用や買い替え費用が計算された時点で確定します。修理費用の見積もり等はおおよそ1ヶ月程度で出ますので、交通事故後1ヶ月程度で示談交渉を開始できることが多いです。 これに対し、人身事故は、人が怪我をしたり死亡したりした場合の交通事故です。人身事故では、損害額は治療が終了しないと確定しません。そのため、治療に要する時間により、示談交渉を開始できるまでの期間は変わります。また、怪我が治癒した場合と、怪我が治らず後遺症が残った場合では、示談交渉を開始するまでの期間が変わりますので、最終的な示談交渉の期間は異なります。

怪我が治癒した場合 怪我が治癒した場合は、怪我が治癒した時点で治療費等の損害額が確定するため、怪我の治癒後すぐに示談交渉を行うことができます。これに対し、後遺症が残り後遺障害等級の申請をするような場合には、申請にかかる時間分、示談交渉開始までの期間が延びることになります。

怪我が治らず後遺症が残った場合 後遺症が残るような怪我の場合、後遺障害に関する賠償を受けるためには、後遺障害等級認定を受ける必要があります。この認定には、最低でも1ヶ月~3ヶ月程度かかります。また、後遺障害等級認定を受けるためには、最低でも半年程度の通院が必要とされます。さらに、認定された等級に不満がある場合は、異議申し立てを行う必要がありますが、これには2ヶ月~4ヶ月前後かかります。 つまり、怪我が治癒した場合と比べて、少なくとも1ヶ月以上、示談交渉の期間が延びることとなります。

示談交渉はスムーズにいかないことが多い

示談交渉はスムーズにいかないことが多いです。 例えば、過失割合の交渉がうまくいかなかったり、交通事故の加害者と連絡がつかなくなってしまったりすることがよくあります。その場合には、示談交渉が順調に進まず、示談交渉の期間が延びることになります。

示談交渉が進まない原因について詳しく見る

自身で交渉を行う場合は、満足のいかない結果になることも

示談交渉の相手は、多くの場合、加害者が加入している任意保険会社です。任意保険会社の担当者は、交通事故の示談交渉について経験豊富なプロですから、被害者ご自身で示談交渉を進める場合、保険会社に有利な内容でまとめられてしまうことが多いです。このように、被害者ご自身だけで示談交渉に臨むと、賠償額が少ない等、満足のいかない結果になることも多々あります。

自身で任意保険に入っていても、過失が無い場合は代わりに示談交渉をしてくれない

たとえ被害者の方が任意保険に加入していたとしても、保険会社が示談交渉を代行してくれないこともあります。保険会社は、営利目的の企業ですから、自社の保険加入者に過失があり、自社からの支出がある場合のみ交渉を代行することができます。そのため、被害者が無過失の場合には、示談交渉を代行してくれないのです。

書類を自分で集める必要も

示談交渉は損害の賠償額を決定する手続きですから、治療費や休業損害等の損害の証明をしなければいけません。この損害の証明には、領収書や休業損害証明書等、多くの書類を必要とします。被害者ご自身で示談交渉を進める場合、これらの書類をすべてご自身で集め、提出しなければなりません。もしも書類に不備があれば、再度書類を準備するための時間を要します。

自身で交渉する場合、正当な金額で示談することは難しい

また、被害者ご自身で示談交渉をする場合、正当な賠償を受けることは難しいといわざるを得ません。なぜなら、任意保険会社は独自の損害賠償算定基準(任意保険基準)を用いて賠償額を計算し、その賠償額の主張をなかなか譲らないからです。 任意保険基準は、弁護士が賠償額を算定する際に用いる弁護士基準と比べて少額になる基準です。そして、被害者の方が弁護士基準で計算した賠償額を保険会社に提示しても、本当に正当な賠償額なのか疑われてしまい、結局は保険会社の提示した賠償額での合意へ導かれ、満足のいく賠償を受けることはできないことが多いです。

交通事故の損害賠償の算定基準について詳しく見る

時効のことも考えて動くこと

交通事故には時効があり、いつまでも合意がされないと、損害賠償請求権が消滅してしまいます。そのため、時効がいつなのかを頭に入れて示談交渉を進める必要があります。また、損害賠償を請求することで時効の中断(民法改正後、時効の更新)をすることもできますので、治療が長引き時効期間が満了してしまいそうなときは、いったん損害賠償請求をすることも視野にいれましょう。

示談の時効について詳しく見る

裁判になってしまった場合は時間も費用も掛かる

裁判になってしまった場合は、時間も費用もかかります。最高裁判所が統計した、「裁判の迅速化に係る検証に関する報告書(平成29年7月21日)」によると、平均審理期間は12.3ヶ月です。この報告書によると、半年から1年以内に終局する事案が最も多いことがわかります。 このように、裁判には長期間かかることがほとんどです。 また、弁護士費用特約という保険に加入していない場合には、弁護士費用が、裁判によって得られる(増額する)額を上回ってしまう費用倒れになる可能性もあり、示談で済ませるよりも被害者の方に負担がかかることになります。 さらに、解決までに時間がかかると、それだけ被害者の方の精神的負担も大きくなってしまいます。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

示談の期間を短くする方法はある?

示談をスムーズに行い、交渉の期間を短くし、被害者の方の負担を軽減するにはどうしたら良いのでしょうか。それには、次の方法が有効です。

早く解決したいなら、弁護士への依頼が一番

交通事故の知識が豊富な弁護士であれば、保険会社の提示する賠償金額の妥当性もわかりますし、保険会社も弁護士が相手であれば、不当な主張をすることはなくなります。また、弁護士が間に入ることにより、連絡の途絶えた加害者の連絡先を突き止め、連絡をつけることができるようになる場合が多いです。また、加害者も、弁護士が相手であれば高圧的な態度に出ることも少ないので、示談交渉等、解決までの流れがスムーズになるでしょう。 弁護士へ依頼するだけで、大きく状況が変わることが多いのです。

【解決事例】弁護士へ依頼し、2週間で示談に至った例

<事案の概要>

ご依頼者様が同乗する、ご依頼者様の知人が運転する自動車が、信号機のある交差点で、信号機の赤色表示に従い停止していたところ、後続の加害者が運転する自動車に追突されました。 この事故により、ご依頼者様が同乗する車は大破し、同時にご依頼者様は頸部挫傷、腰部挫傷を負い、9ヶ月以上の通院治療をする必要が生じました。 加害者本人及び加害者の加入する保険会社の不誠実な対応に納得のいかなかったご依頼者様は、適正な賠償を得るために、弊所にご相談いただきました。

<解決結果>

担当弁護士は、加害者側保険会社が提示した入通院慰謝料額が、加害者側任意保険会社の基準に基づいて提示されていること、および後遺障害慰謝料が自賠責保険基準での慰謝料額に留まっていることに着目しました。さらに、後遺障害等級第14級が認定されているにもかかわらず、後遺障害逸失利益の算定上、労働能力喪失期間が3年に短縮されてしまっていることにも注目しました。 そこで、担当弁護士は、診断書やレセプト、後遺障害診断書等を吟味して、弁護士基準で慰謝料額を計算するとともに、労働能力喪失期間を伸長して後遺障害逸失利益を計算しました。そして、加害者側保険会社に、弁護士基準で計算した各種賠償金の請求を行い、交渉しました。 その結果、受任から2週間で賠償金を120万円増額することができ、示談することができました。 ご依頼者様にとっても、非常に満足していただける解決結果となりました。

弁護士へ依頼するタイミングは?

弁護士へ依頼するタイミングはいつが良いのでしょうか。 弁護士に依頼するタイミングは早い方が良いといえます。なぜなら、交通事故から日が経ってしまうと、被害者に有利な交通事故の情報が失われてしまう可能性があるからです。 また、早いタイミングで依頼することで、治療の方針等についても相談することができますし、煩雑な処理に煩わされることもないので、怪我の治療に専念できます。後遺障害等級の申請をする際には治療の受け方も重要となりますので、治療段階から弁護士に依頼されることをおすすめします。

弁護士とご依頼者様の連携でさらにスムーズな解決が図れます

弁護士が、交通事故の知識も豊富な交渉のプロで、情報収集を代行してくれるといっても、収集が難しいものもあります。 例えば、治療にかかった領収書や会社に書いてもらう休業損害証明書等は、ご依頼者様が直接受け取られるものですので、弁護士といっても収集が難しいです。そのため、ご依頼者様の協力が必要となります。 スムーズな解決のためにも、弁護士へのご協力をお願いいたします。 ご依頼者様の協力があれば、弁護士はより頼もしい味方となります。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付