メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

弁護士依頼で後悔する場合とは|後悔しないために知るべきこと

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故の弁護士依頼で後悔するケースとは

 弁護士に依頼したにもかかわらず、依頼をした弁護士に不満が募り後悔するケースをよく耳にします。 ・弁護士に依頼したのになかなか連絡がとれない ・依頼してから一向に解決せず、かえってもめている ・弁護士費用が思ったより高額だった ・「本当に私のみ味方なの?私が依頼したのに保険会社側の代理人ですか?」 などで、被害者の方からご相談いただくことがよくあります。 これらは、どの弁護士に頼んでも結果は同じだろうと思ってよく調べずに、をインターネットの口コミやホームページの見栄えだけで選んだ場合が多いと思います。 インターネット上の口コミやランキングサイトから弁護士を選ぶことが危険な理由は、以下のサイトをご覧ください。

口コミで弁護士を選ぶ場合について

弁護士依頼で後悔しないために知っておくべきこと

依頼後も自身で相手方保険会社とやりとりするのは普通なのか

それが普通だと思わないでください。  大手弁護士事務所の中には、①治療が終了し保険会社から示談提示があるまで、または②後遺障害等級認定を保険会社任せにして(事前認定)後遺障害等級が出るまで、相手方保険会社に対し受任通知を送らず、保険会社とのやり取りを依頼者に全てさせる事務所があります。  このような方法では、依頼者が事件の矢面に立ち続けることになり、治療に専念できません。また、相手方保険会社の担当者は保険対応のプロであり、依頼者の些細な言動を見逃さないため、依頼者が電話口で話した内容が将来の示談交渉に不利に影響することがないとはいえません。  弁護士に依頼したにもかかわらず、相手方保険会社とのやり取りは自分で行ってくださいと言われた方は、「それが弁護士業界の普通なのかな」と思わないで、一度立ち止まって考えてください。

依頼しても連絡がなく、どうなっているのかわからない時は

 ご依頼先の事務所が、弁護士と事務局との連携が取れていない可能性があります。  他事務所の弁護士に依頼したにもかかわらず、「弁護士から進捗の連絡がこない」「弁護士と相談したいのに弁護士と連絡が取れない」などの不満から、「弁護士を変えたいんですけど」という相談はよくあります。
 弁護士は複数の事件を同時並行で持っているため、日中は裁判所などに出かけて不在にしていることが多く、いつ電話しても連絡が取れるという弁護士はむしろ少数でしょう。
 だからこそ、依頼者とコミュニケーションを円滑に図るため、事務局のレベルが重要になります。
 弁護士事務所にとって、受付や事務局を教育することは容易ではなく、多くの事務所が苦心していると耳にします。
 受付や事務局と円滑にコミュニケーションが取れるか、受付や事務局のレベルが高いかということは依頼した後の満足度が大きく変わります。弁護士事務所の良し悪しを判断して依頼する事務所を選ぶ場合、受付や事務局のレベルで判断するのも決して間違いではないと思います。

弁護士費用の方が高くつくことはあるのか

弁護士費用特約があれば、あまり弁護士費用を気にする必要はありませんが、弁護士費用特約がない場合には、弁護士を入れなかった方が得だったというケースはあり得ます。 特に過失割合が問題になる事案や、あまり賠償額が高額でない事案の場合、保険会社から提示された金額が依頼者に事前に提示されていた金額より、全く上がらないか、上がったとしても少ししか上がらないことがあります。 このような場合に、弁護士費用がかかると、弁護士に依頼しなかった方が、依頼者の手に残る金額が高くなることがあります。
ただ、弁護士費用の方が高くつくことがダメだというわけではなく、事前にしっかりと説明されているかが重要です。
弁護士も生活があるので事件を受けて報酬をもらわなければなりませんが、何でもかんでも受任をすればよいというものではありません。このようなリスクがある場合は、依頼者に事前に十分に説明をするべきでしょう。
リスクや将来の見通しをしっかり話してくれる弁護士は、信頼できる弁護士です。見通しが甘く、調子のいいことばかり言う弁護士に依頼してしまい、後悔しないようにして下さい。

後悔しないための弁護士選びとは

弁護士選びに後悔しないように、すぐに広告に飛びつかないでください。一番良いのは、無料相談をしてみて担当の先生が信頼できるかを確認することです。 ただ、実際話をしても弁護士は話が上手な方が多いです。
実は見逃されがちなポイントは、弁護士以外の受付・事務局の対応がすぐれていているか否かです。受付や事務局を育てるのは多くの弁護士事務所が苦心しています。
実際に事件を依頼した後も、弁護士との間をつないでくれるのは事務局であり、事務局とのコミュニケーションが円滑であれば、後悔をする可能性が低いのではないかと思います。
 弁護士の選び方の詳細は、以下をご覧ください。

弁護士の選び方

依頼に最適なタイミングはどのような場合か

弁護士への依頼は早い方が良く、できることも多岐に渡ります。交通事故の各ステージにおいて弁護士ができることを下記ページにまとめましたのでご確認ください。

弁護士相談のタイミング

弁護士法人ALGなら、ご依頼頂いた時点から弁護士が介入し様々なサポートをいたします。

交通事故被害に遭うと、それだけでも辛いにもかかわらず、その他にも、通院、保険会社との対応、資料の収集など煩わしいことだらけです。 さらに、味方と思っていた弁護士と相性が合わず、弁護士とのやり取りにストレスを感じてしまうと何のために依頼したかわからないですよね。 インターネット上にあふれる、口コミやランキングなどだけをあてにすると、様々な点で失敗して、弁護士に依頼して後悔したということも耳にします。 弁護士法人ALGでは、ご依頼いただいた時点から、相手方保険会社に受任通知を送り相手方保険会社とのやり取りを全て代理して行います。通院・治療でのお悩みや気を付けることなども弁護士がしっかりとサポートし助言します。 まずは、受付までお電話いただき、交通事故でのお悩みをお聞かせください。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他弁護士依頼に関する記事