メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故の弁護士を選ぶときにネットの口コミや評判だけで決めてませんか?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治 弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士91名、スタッフ159名を擁し(2019年1月末現在)、東京、宇都宮、埼玉、千葉、横浜、名古屋、大阪、神戸、姫路、福岡の10拠点を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

いざ、弁護士に相談する・依頼すると思ったときに、その弁護士に本当に頼んでよいのか悩みますよね。インターネット上には、ランキングや評判、口コミなど様々な情報が氾濫しています。 何を信じていいのか、また比較サイトをどこまで信じるのか難しい問題だと思います。 まず、理解いただきたいのが、弁護士は、「弁護士の業務広告に関する規程」により、特定の弁護士・弁護士事務所と比較した広告を出すことが禁止されています。 そのため、ランキングや他の事務所と比較した評判を掲載している広告(ホームページ)は信用してはいけませんし、その情報の信用性を疑わないといけません。 大事なのは、一度弁護士に相談してみて自分の目・耳を使って信用に足る人物かを確認することにつきます。 弁護士ってこんなものなのかなという先入観にとらわれず、自分のパートナーを探すと思って判断されることをお勧めします。

ネットで交通事故弁護士を選ぶには

ひと昔前は、弁護士の依頼と言えば、ほとんどが紹介でした。そのため「一見さんお断り」の法律事務所がほとんどでした。 最近は、インターネットで弁護士を探す人が増えています。 インターネットの特徴は、弁護士を探している人にはわかりやすくアクセスしやすい反面、インターネット上のホームページの見た目だけでは、「弁護士の実力」や「その人の人となり」が分からないことです。 お金さえあれば、一見して立派なホームページは作れます。ただ、「ホームページの立派さ」と、「その弁護士に依頼して良かった」かは、無関係です。 ただ、本当に見るべきところは、デザインやインパクトではなく、「容易にまねできるか、できないか」だと思います。他の弁護士が容易にまねできない点は、その事務所が持つ固有のノウハウであると考えられます。 その点を意識して、まず一般的なところから見ていきましょう。

お客様の声や解決事例を細かく掲載しているか

お客様の声や解決事例を細かく掲載しているかという点は意外と重要です。 インターネット広告の怖いところですが、例えば「昨日まで交通事故事件なんてやったことない」という弁護士でも、ホームページはそれなりに立派に作れてしまうということです。 お客様の声や解決実績は本当に実績を積んでいないと紹介できません。特に、解決事例について事件の重い・軽いを問わず、困難な事例を説得的に書かれているホームページを作成している弁護士は、古くから熱心にその分野に取り組んでいる弁護士であると推定できます。 毎日多くの交通事件がありますが、似たような事件はあるものの、一つとして同じ事件はありません。解決実績にまさる知識はありません。 お客様の声や解決実績は一朝一夕では作成できませんので、信頼性の一つのバロメーターになるでしょう。

お客様の声 一覧

交通事故を専門に取り扱う部署があるか

まず、知っていただきたいのは、弁護士は○○事件の専門と名乗ってはいけないという規制があります。日弁連の「業務広告に関する指針」において、客観性を担保されないまま、専門家、専門分野の表示を許すことは、誤導の恐れがあり、国民の利益を害し、弁護士等に対する国民の信頼を損なう恐れがあるので、表示を控えるのが望ましいと明記されています。 そのため、交通事故専門弁護士・離婚専門弁護士などと、事件種別の専門を名乗ることはできません。 当事務所は、本当の意味で特定の分野にのみ特化した専門事業部を設置し、その事業部に所属している弁護士及び事務局全てが交通事故事業部なら交通事故事件以外行わない専門事業部を作りました。これは、一般的には特に普通じゃないかと思われるかもしれませんが、弁護士業界では、特定の分野のみの業務を行うことは極めて特殊なことです。 最近では、様々な事務所が、「交通事故専門チーム」というあいまいな表現をホームページ上で使っていますが、「交通事故専門チーム」と記載があるからといって、「交通事故に強い」、「交通事故事件に詳しい」という誤解がされないような記載になっていないか注意をしてみてください。

どこで「交通事故に強い」ことを判断するか

弁護士会では、「専門」と同じように「強い」という表現も、どうして強いのかは広告側に立証責任があるといっており、客観的な担保なく無根拠に「交通事故に強い」という表現を取っているものは、国民の信頼を損なう恐れがあるものとして、表示を控えるべきものです。 そのため、特段の根拠なく「交通事故に強い」と表示されている場合は、注意してください。 インターネットの怖いところは、すぐに真似ができてしまうところです。 当事務所が、弁護士に医学博士の資格の取得を奨め、医療過誤事業部との連携をホームページ上で行ったところ、多くの弁護士事務所のホームページ上で「医療問題に詳しい弁護士」が現れました。 もし、本当に医療問題に力を入れているか確認するためには、その事務所が医療問題のホームページを持っており、そのホームページの内容が専門的かを確認するなど、個別に調査を進めるしかないのが困ったところです。 「交通事故に強い」という単なる記載ではなく、なぜ強いのか、強いと言っていることに根拠があるかなど、厳しい目で見て、最終的には実際に相談して信頼できるかを判断していただくのが一番です。

ランキング・口コミだけで弁護士選ぶと思うような結果に繋がらない場合があります。

弁護士のランキング・口コミは、客観的な判断方法がないため、非常に評価が難しいものがあります。 「連絡がつきにくい」「十分な説明がないなど」の依頼者からの評価は、真摯に受け止めるべきものがありますが、口コミは相手方も評価や記載ができるものが多く、相談者から良い評価を受けたが相手方から悪い評価を受けることも少なくありません。 また、インターネット上には、「弁護士ランキング」や「交通事故に強い弁護士ランキング」というページが多数あります。 そもそも弁護士事務所にランキングを付けるのは難しく、それを評価する客観的指標もありません。また、高額な賠償事件の紹介がされているからといって、みなさんが同じだけ賠償を受けられるというものではありません。 ただ、一つだけ言えることは、難しいことを難しいまま伝えるのは簡単ですが、誰にでも分かるように分かりやすく説明するのは簡単ではありません。実際に相談して、分かりやすいか・納得してその弁護士に任せられるかが大事だと思います。

事務スタッフがしっかりしているか

事件を依頼する指標として、非常に大事なのが事務スタッフがしっかりしているかという点はとても重要です。多くの弁護士は、裁判に出かけたり病院や現場検証に出かけたりと外出することが多くあります。 そのため、日常的には、依頼者が直接弁護士と話す数より、事務局と話をする方が多いのが通常です。そのため、事務局が主体的に動いていない場合、依頼者は事務所に連絡をしても、全てが弁護士の回答待ちになってしまい円滑なコミュニケーションが取れません。 受付や事務局スタッフの教育ができている事務所で、弁護士の能力が低いということはなかなか考えづらいので、弁護士事務所を選ぶ一つの要素だと思います。

口コミに惑わされず、信頼できる法律事務所か見極めてください。

残念ながら、現在インターネット上には、宣伝広告目的のホームページやランキングなどを表示したポータルサイトにあふれており、本当の意味で交通事故に強い弁護士事務所がどこなのかは、相談者から分かりづらくなっていると懸念しています。 事務所の交通事故用のホームページだけではなく、オフィシャルサイトや他の分野のホームページなども見て、本当に信頼・信用できそうなのかをチェックする必要があると思います。 また、法律は弁護士だから理解できるという特殊な分野ではありません。弁護士に相談し話を聞いたけれども理解ができない・納得できないという場合は、他の弁護士の意見も聞いてみるべきです。 口コミやランキングに惑わされず、法律相談をして自分の信頼できる法律事務所を探してください。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ、
成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

交通事故被害者専門ダイヤル全国対応

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

24時間受付・年中無休・通話無料

関連記事はこちら