メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

むちうちの慰謝料相場と計算方法

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

交通事故に遭い、医師から「頚椎捻挫」「頚部挫傷」「外傷性頚部症候群」「バレリュー症候群」等と診断された場合には、いわゆる【むちうち】に分類される怪我を負ったということになります。 むちうちは、交通事故で負う怪我の中でも特に多いといわれている傷病です。その一方で、適切な賠償を受けることが難しい傷病の一つともいわれています。 ここでは、むちうちを受傷した被害者の方が泣き寝入りしないよう、適切な賠償を受けるためのコツを紹介していきます。慰謝料の相場や計算方法等を、順番に確認していきましょう。

交通事故でお困りの方は
土日祝日もご相談受付いたします!

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メール相談受付

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

むちうちの慰謝料相場

むちうちで請求し得る慰謝料は、2種類あります。 1つ目は、むちうちの治療に係る身体的・精神的苦痛に対して支払われる入通院慰謝料、2つ目は、むちうちの症状が完治せず、後遺障害として残ってしまった場合に支払われる後遺障害慰謝料です。 以下の表で、それぞれの慰謝料相場をみてみましょう。

むちうちで通院した場合の入通院慰謝料相場
通院のみの治療 自賠責基準 弁護士基準
1ヶ月 8万6000円 28万円/19万円
2ヶ月 17万2000円 52万円/36万円
3ヶ月 25万8000円 73万円/53万円
4ヶ月 34万4000円 90万円/67万円
5ヶ月 43万円 105万円/79万円
6ヶ月 51万6000円 116万円/89万円
※実通院日数を各月10日とした場合の金額となっています。 ※弁護士基準の算定額は、<他覚所見がある場合>/<他覚所見がない場合>となっています。 むちうちの後遺障害が残った場合の後遺障害慰謝料相場
自賠責基準 弁護士基準
12級13号 94万円 290万円
14級9号 32万円 110万円
そもそも慰謝料には3つの算定基準がありますが、上記の表は最低補償の基準である自賠責基準と、裁判所も用いる弁護士基準の比較になっています。もう一つ、各保険会社が独自に設定している任意保険基準は非公開であるため、省略しています。 表からは、各慰謝料は通院期間、後遺障害等級認定の結果、そして用いる算定基準によって金額が異なることがわかります。例えば、後遺障害等級14級9号が認定された場合の後遺障害慰謝料は、算定基準によって3倍以上の差異があります。 ただし、表の金額はあくまでも目安であり、個別の事情が考慮され増減する可能性があります。 なお、3つの算定基準については、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

3つの基準

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

交通事故被害者専用ダイヤル全国対応

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

むちうちの入通院慰謝料計算方法

ここで、他覚所見のないむちうちを受傷した場合を想定した、入通院慰謝料の計算方法をみていきましょう。自賠責基準と弁護士基準に分けて解説します。 【入院なし・通院期間120日(4ヶ月)・実通院日数40日】の場合

自賠責基準
入通院慰謝料=34万4000円

自賠責基準は、『日額4300円※×対象とする日数』で算出します。対象とする日数は、(ア)「(入院+通院の日数)×2」か(イ)「入院+通院の期間」のいずれか少ない方とします。 本事例では、(ア)「40日×2=80日」<(イ)「120日」であるため、『4300円×80日』で求めることができます。 なお、入通院慰謝料を含む傷害部分の損害賠償金の上限額は120万円と決まっているため、治療費や休業損害がかさんでいれば、算定額より減額することもあります。

※令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準の日額4200円が適用されます。

弁護士基準
入通院慰謝料=67万円

弁護士基準は、入通院期間をベースに算出します。具体的には、通称「赤い本※」といわれている書籍の、入通院慰謝料算定表を参照します。入通院慰謝料算定表には別表Ⅰと別表Ⅱがあり、怪我の程度によって使い分けますが、本事例のように他覚所見のないむちうちの場合は、別表Ⅱを使用します。下表のように、入院期間(縦軸)と通院期間(横軸)が重なったところの値が相場となります。 ただし、むちうちの治療は、通院期間に対して通院頻度が少ないケースもあります。そのようなケースでは、実通院日数の3倍程度をベースに算出することもあります。

※公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」

むちうち等他覚所見のない比較的軽傷の場合【別表Ⅱ】

むちうち等他覚所見のない比較的軽傷の場合【別表Ⅱ】
入院 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 13月 14月 15月
通院 A’B’ 35 66 92 116 135 152 165 176 186 195 204 211 218 223 228
1月 19 52 83 106 128 145 160 171 182 190 199 206 212 219 224 229
2月 36 69 97 118 138 153 166 177 186 194 201 207 213 220 225 230
3月 53 83 109 128 146 159 172 181 190 196 202 208 214 221 226 231
4月 67 95 119 136 152 165 176 185 192 197 203 209 215 222 227 232
5月 79 105 127 142 158 169 180 187 193 198 204 210 216 223 228 233
6月 89 113 133 148 162 173 182 188 194 199 205 211 217 224 229
7月 97 119 139 152 166 175 183 189 195 200 206 212 218 225
8月 103 125 143 156 168 176 184 190 196 201 207 213 219
9月 109 129 147 158 169 177 185 191 197 202 208 214
10月 113 133 149 159 170 178 186 192 198 203 209
11月 117 135 150 160 171 179 187 193 199 204
12月 119 136 151 161 172 180 188 194 200
13月 120 137 152 162 173 181 189 195
14月 121 138 153 163 174 182 190
15月 122 139 154 164 175 183

適正な入通院慰謝料には適切な通院が重要

むちうちによる痛みやしびれ等の症状は、後遺症として残ってしまうおそれもあります。完治するのが一番良いですが、後遺障害等級認定の手続を行うことも考慮して、月10日以上の通院を、6ヶ月以上継続することが望ましいでしょう。 以下のページでは、6ヶ月間通院した場合の慰謝料について紹介しています。ぜひご覧ください。

通院期間6ヶ月の慰謝料相場

なお、通院頻度を上げれば必ず入通院慰謝料が増額するというわけではないため注意が必要です。過剰診療とみなされれば、必要性のない通院期間は、入通院慰謝料算定の対象になりません。 医師の指示のもと、必要かつ相当な期間、通院治療を続けることで、その期間に応じた適正な入通院慰謝料を獲得することができます。

また、むちうちを受傷した場合、整骨院に通院する方も多いですが、まずは、医師が在籍する病院を受診するようにしましょう。 整骨院のみの通院であったり、医師に相談なく整骨院を併用していたりするケースでは、保険会社によっては、整骨院の費用や整骨院に通っていた期間の入通院慰謝料が支払われないおそれがあります。

整骨院に通院した場合の慰謝料算定への影響について詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

整骨院に通院した場合の慰謝料

交通事故によるむちうちの後遺障害慰謝料の算定

続いて、むちうちの場合の後遺障害慰謝料についてみていきましょう。 後遺障害慰謝料は、1級~14級までの後遺障害等級に応じて、算定基準ごとに相場が決まっています。そのため、入通院慰謝料のように複雑な計算をせずとも算定することができます。 ただし、後遺障害慰謝料を請求するためには、後遺障害等級の認定を受けることが必須となります。つまり、症状固定と診断され、痛みやしびれ等の症状が残っていても、後遺障害等級を獲得できなければ後遺障害慰謝料を請求することはできません。

むちうちで認定され得る後遺障害等級には12級13号と14級9号があり、後遺障害慰謝料は弁護士基準で12級13号の場合に290万円、14級9号の場合に110万円となります。 このように、一口にむちうちといえども、症状の程度に応じた十分な補償を受けるためには、適切な後遺障害等級の認定を受けることが大切になることがおわかりいただけるかと思います。

むちうちの後遺障害等級と認定に必要なポイント

では、むちうちで認定され得る後遺障害等級12級13号・14級9号について具体的にみていきましょう。 それぞれの症状は、以下の表のように定義づけられています。後遺障害慰謝料を請求するには、このどちらかに認定されなければなりません。

症状
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

むちうちで12級13号を獲得するためには、他覚所見があることが要件となります。具体的には、レントゲン・CT・MRI等の画像診断の結果に異常が見られ、残存する症状について医学的に証明できる状態であることを指します。 しかしながら、むちうちは他覚所見がないことが多いため、後遺障害等級認定の結果、非該当とされてしまうことも少なくありません。残存する症状について医学的に証明できなくても、説明ができる状態であると判断されれば14級9号に認定される可能性はありますが、これには適正な頻度での通院や自覚症状の一貫性、神経学的検査の結果等が大きく影響してきます。 日ごろから適切な通院を心掛けること、自覚症状を医師に逐一伝えることが、適切な後遺障害等級獲得のポイントとなります。 むちうちの後遺障害等級認定におけるポイントは、以下のページでも紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

むちうちの症状と後遺症

弁護士の交渉によりむちうちの慰謝料などを大幅に増額できた事例

ここで、むちうちの慰謝料に関する弊所の解決事例を紹介します。 本件は、後続の相手方車両に追突された依頼者がむちうち(頚椎捻挫)等を患い、一定期間の通院治療を続けたものの、頚部痛等の症状が残存したため、後遺障害等級認定の結果、併合第14級の認定を受けていたものでした。依頼者は、相手方保険会社から提示された賠償案の適否について、弊所にご相談くださいました。 弊所の弁護士が賠償案を精査したところ、特に後遺障害部分の提示額が非常に少ないことがわかりました。そこで、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益のほか、入通院慰謝料も含め、全ての費目を弁護士基準で算出し、相手方に提示して交渉したところ、当初の提示額から約145万円増額する内容で示談を成立させることができました。

交通事故によるむちうちの慰謝料請求は弁護士にお任せください

むちうちは症状が目に見えないことが多く、痛みや苦しみを周りの人にわかってもらえない、もどかしい傷病の一つです。しかし、交通事故でむちうちを受傷した被害者には、加害者へ損害賠償請求を行う権利があり、症状が目に見えにくく、伝わりにくいからといって、泣き寝入りするのは間違っています。

そこで、適切な損害賠償を受けるためにも、ぜひ弁護士ALGにご相談ください。交通事故案件に加えて、医学的知見に富んだ弁護士は、適切な賠償額を見出すための研鑽を積んでいます。むちうちの慰謝料相場はどの程度か、どのようなことが増額事由・減額事由となるのかを把握したうえで、ご依頼者様の状況に応じた適切なサポートを提供することが可能です。 弁護士法人ALGの弁護士が、ご相談をお待ちしております。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

交通事故被害者専用ダイヤル全国対応

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)
増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他むちうちに関する記事