交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

同乗中に事故に遭った場合、同乗者は慰謝料を請求できる?

交通事故のご相談はこちら

同乗者は慰謝料を請求できるか

同乗していた車が交通事故に遭い、怪我を負ってしまった場合、同乗者は、加害者または同乗車の運転者に対して、慰謝料を含む損害賠償金を請求することができます。 しかし、加害者と運転者のどちらに対して損害賠償金を請求するのか・自賠責保険の場合と任意保険の場合・運転者と同乗者との関係性・同乗者の過失等の事情によって、同乗者が損害賠償金を請求できない場合や、請求できても減額される場合があります。また、交通事故の過失割合によって、損害賠償金を請求できる相手が変わる場合もあります。

同乗者の慰謝料相場

損害賠償金の一部である慰謝料には、入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3種類があり、慰謝料の算定基準にも、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3種類があります。各基準での慰謝料相場は、被害に遭った運転者が請求するか同乗者が請求するかで変わることはありません。

同乗者が慰謝料を請求する方法

慰謝料を含む損害賠償金を請求する方法は、同乗者が請求する場合においても、被害に遭った運転者が請求する場合と同様になります。 ただし、運転者にも過失割合がある場合、同乗者から見ると運転者も加害者となる可能性があります。そのため、同乗者は運転者にも相手方運転者にも損害賠償請求を行うことができます。 もっとも、運転者と同乗者が家族である場合は、対人・対物賠償責任保険等の任意保険は、免責条項により同乗者に対して適用されないことが多いので、注意が必要です。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

好意同乗・無償同乗とは

交通事故で、同乗者が運転者に損害賠償請求する場合に、好意同乗・無償同乗であったときには損害賠償金額が減額されるかどうか、という議論が過去にはありました。 好意同乗・無償同乗とは、運転者の好意によって無償で乗せてもらうことです。 例を挙げると、以下のようなケースは好意同乗・無償同乗であるとみなされます。

  • 友人等が車で出かけるついでに、目的地まで乗せてくれた
  • 歩いていたところ、友人等が車で通りかかって、拾って乗せてくれた
  • 出かけた先でたまたま会った友人等が、車で送迎してくれた

しかし、現在は、原則として好意同乗・無償同乗というだけでは、減額事由にならず、別途同乗者に交通事故発生の帰責性がないと減額とならないと考えられています。

同乗者の損害賠償金額が減らされる理由

好意同乗・無償同乗であったときに、損害賠償金額が減額されるかどうかの議論が過去にあった理由は、運転者の好意によって無償で乗せてもらうという利益を得ていながら、損害が生じたときにだけ運転者に損害賠償請求をすることは、不公平ではないかと考えられていたためです。 しかし、最近の判例では、好意同乗・無償同乗であったことのみで損害賠償金額が減額されることは少なくなり、好意同乗・無償同乗した同乗者に交通事故発生の帰責性がある場合には、損害賠償金額が減額される可能性がある、という傾向になっています。 同乗者に交通事故発生の帰責性があるとされるのは、例えば、運転者の運転の邪魔をした、運転者が飲酒していること・無免許であることを知っていた、運転者が疲れているにも関わらず運転を交代しなかった等の場合です。

同乗者なら全てOKではない、対人賠償責任保険に注意

自賠責保険は、運行供用者(車の所有者・運転者等)以外の「他人」に対して補償するものです。そのため、自賠責保険の場合は、同乗者が運転者の親・子・配偶者であっても「他人」にあたり、損害賠償請求ができます。請求相手が加害者または運転者のどちらであっても同様です。 しかし、任意保険の場合は、運転者と同乗者との関係性によって、同乗者が損害賠償請求できるかどうかが変わります。運転者の任意保険で「対人賠償責任保険」に加入している場合、親・子・配偶者については補償しない旨の免責事由が定められていることが多いです。その場合、同乗者が運転者の親・子・配偶者であったら、任意保険に対し損害賠償請求はできません。なお、この規定が適用されるのは、請求相手が運転者であった場合であり、請求相手が加害者の場合は、運転者と同乗者との関係性による違いはありません。 また、運転者の任意保険または同乗者の任意保険で「人身傷害保険特約」「搭乗者傷害保険」に加入している場合には、同乗者が運転者の親・子・配偶者であっても補償対象となるため、加入しているか確認してみてください。

同乗者の過失により損害賠償金額は減額されることがある

同乗者に過失があった場合、好意同乗・無償同乗した同乗者に交通事故発生の帰責性がある場合と同様に、損害賠償金額は減額されることがあります。具体的には、以下のケースで、同乗者に過失があったとみなされます。その他、同乗者がしつこく運転者に話しかける等して運転の邪魔をした場合や、同乗者が車の窓枠に腰をかけて身を乗り出す“箱乗り”を行っていた場合等にも、同乗者に過失があったとされ、損害賠償金額が減額される可能性があります。

運転者が飲酒運転だと知っていた

運転者が飲酒運転だと知っていながら同乗した場合、同乗者が請求できる損害賠償金額は、20~25%程度減額されることがあります。

運転者が無免許だと知っていた

運転者が無免許だと知っていながら同乗した場合、同乗者の過失として20%の過失割合が認められた事例があります。すなわち、同乗者が請求できる損害賠償金額は、20%程度減額されることになります。なお、免停期間中の運転や免許の有効期限が切れている場合も無免許運転にあたりますので、その事実を知っていたときには、同乗者の過失を問われる可能性があります。

危険な運転を止めなかった・煽った

運転者が、速度超過して運転したり、蛇行運転をしたり、信号無視をしたりする等の危険運転をしていることに対し、同乗者が注意する等して止めなかった(=容認していた)、または煽った場合、同乗者が請求できる損害賠償金額は、20~30%程度減額されることがあります。

同乗者の損害賠償金額に関する裁判例

同乗者の損害賠償金額が減額された裁判例

名古屋地方裁判所 平成18年(ワ)第4937号 損害賠償請求事件

この事案は、同乗していた車の運転者が飲酒運転をし、ハンドル操作を誤ってトンネル内側壁に衝突してしまった単独事故で、同乗者が傷害と後遺障害を負ったことについて、運転者に対し損害賠償請求をしたというものです。 裁判所は、「同乗者は、運転者が一緒に酒を飲む目的で居酒屋に向かっており、当初から運転者が飲酒運転することを容認していたことに加え、居酒屋で運転者が飲酒をしたのを知ったうえで同乗していること」を認めました。そして、「運転者の飲酒が交通事故の発生に少なからず影響を与えていたこと」と「同乗者のシートベルトの不着用が損害の拡大に一定程度寄与していること」から、「同乗者の損害額を減額するのが相当である」と判断しました。 減額の割合については、「飲酒運転で出かけることを運転者から誘ったこと」と「同乗者がいた助手席側の屋根がへこんでいたため、運転者より同乗者の方の傷害が大きくなったのは、同乗者の乗車位置も寄与していたこと」を考慮し、20%の減額を認めました。

大阪地方裁判所 平成19年(ワ)第15843号 損害賠償請求事件

この事案は、同乗していた車の運転者が無免許のうえ飲酒運転をし、対向車線にはみ出し、対向車線を走行中であった車に衝突してしまった交通事故で、同乗者が傷害を負ったことについて、運転者と相手方の双方に対して損害賠償請求をしたというものです。 相手方に対する請求について、裁判所は、「運転者は無免許であることに加え、飲酒運転をし、周囲の安全確認をせずに対向車線に進入している、といった運転者の重大な過失によって交通事故は発生しており、相手方が対向車線からの進入を予測して回避することは不可能であったこと」を認め、相手方に過失はないと判断し、同乗者の相手方に対する請求はできないとしました。 一方、運転者に対する請求については、裁判所は、「同乗者は運転者が無免許であった事実を知らなかったとはいうものの、運転者とともに飲酒する目的で飲食店に行き、運転者とともに飲酒をした後、同乗していたこと」を認め、「好意同乗者(無償同乗者)であったことに加え、運転者が飲酒運転であることを容認したうえで同乗していたことから、同乗者の損害額の25%を減額するのが相当である」と判断しました。

同乗者の損害賠償金額が減額されずに済んだ裁判例

札幌地方裁判所 平成20年(ワ)第1782号 損害賠償請求事件

この事案は、同乗していた車の運転者が、片手でハンドルを操作したまま時速約120kmの高速度で走行し、前方を走行していた車に衝突させたうえ、さらに暴走して付近の中央分離帯上の水銀灯に衝突させたという交通事故で、同乗者が傷害を負ったことについて、運転者に対して損害賠償請求をしたというものです。 裁判所は、「時速60kmから時速約120kmへの突然の急加速や、右手片手運転及び前方不注意という運転者の重大な過失によって交通事故は発生していること」を認めました。そのうえで、「同乗者が、運転者に対してスピードを煽る等の無謀な運転を誘発・助長する等の行為をした事実は認められないこと」と、「急加速する前に、運転者がスピード違反による危険な走行をしていた等、交通事故を予見し得るような事実は認められないこと」から、「好意同乗者であったとしても、同乗者には交通事故についての帰責事由は認められず、他に運転者が主張する好意同乗者減額を認めるに足りる証拠はないため、同乗者の損害賠償金額を減額することは相当でない」と判断しました。

同乗者は誰に慰謝料を請求できるか

冒頭で述べましたとおり、同乗していた車が交通事故に遭ったことにより怪我を負ってしまった場合、同乗者は、加害者または同乗車の運転者に対して、慰謝料を含む損害賠償金を請求することができます。しかし、交通事故の過失割合によって、損害賠償金を請求できる相手は変わります。

運転者に過失がない場合

運転者に過失がない場合には、同乗者が損害賠償金を請求することができる相手は、加害者になります。運転者には過失がなく、損害賠償をする義務を負っていないためです。

加害者と運転者双方に過失がある場合

加害者と運転者双方に過失がある場合、同乗者は、加害者と運転者双方に対して損害賠償金を請求できます。加害者と運転者双方に過失があり、どちらも損害賠償をする義務を負っているためです。

単独事故、または相手に過失がない場合

同乗車の単独事故、または交通事故の相手方に過失がない場合、同乗者が損害賠償金を請求することができる相手は、運転者になります。相手方には過失がなく、損害賠償をする義務を負っていないためです。

同乗者も弁護士費用特約を使える

同乗している車が交通事故に遭ったときでも、同乗者の方自身が弁護士費用特約に加入している場合はもちろん、同乗者の方と同居しているご家族が弁護士費用特約に加入している場合には、同乗者は、「弁護士費用特約」という弁護士費用を保険会社が負担してくれる保険サービスを使えます。また、損害賠償金の請求相手が加害者であれば、運転者が加入している弁護士費用特約や、同乗している車に付いている弁護士費用特約も使えます。

揉めそうなら弁護士にご相談ください

同乗している車が交通事故に遭ってしまい、怪我を負ってしまった場合、同乗車の運転者のみならず、同乗者の方も損害賠償請求できます。しかし、任意保険の場合は運転者と同乗者との関係性を問われたり、同乗者の過失により損害賠償金額が減額されたりすることがある等、個別の事情によって、同乗者の損害賠償金が請求できるのか、誰に対して請求できるのか、どの程度減額されるのか等は異なってきます。そのため、同乗者の損害賠償請求については、複雑になりがちです。揉める可能性もあるため、不安を抱かれる方は、ぜひ弁護士への相談をご検討ください。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付