交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故を弁護士に相談するときの選び方について

交通事故のご相談はこちら

交通事故に強い弁護士を選ぶには、無料相談してみる

直接会って専門性や人柄を把握する

直接会って専門性や人柄を把握する 弁護士は、様々な分野についての法的な知識を持っていますが、今までに請け負った案件の内容や経験から、それぞれ得意分野があります。そして、ご依頼者様と弁護士との相性も、それぞれ違ってきます。どんなに評判の良い弁護士でも、依頼内容が弁護士の得意分野でなかったり、弁護士との相性が良くなかったりすれば、納得のいく結果を得ることは難しいです。一度実際に弁護士に会ってみて、交通事故の専門的な知識に長けているか、信頼し得る人柄であるかをご自身で確かめてから、依頼をすることをお勧めいたします。 依頼を決めた場合、今後も継続して弁護士と会って、相談をすることを考えれば、それが可能な範囲の地域に事務所を構えていなければ、依頼をすることは現実的に難しいです。弁護士事務所のホームページ等で何箇所か見当をつけたら、無料相談や、弁護士費用特約に加入していればそれを利用して、まずは相談に行ってみましょう。

交通事故に遭ったら、どのような弁護士を選ぶべきか?

交通事故が得意分野

交通事故についての相談をする弁護士を探すときには、弁護士が交通事故を得意分野としているかどうかを確認しましょう。交通事故の場合、法的な知識だけでなく、医学的な知識、慰謝料算定方法の知識、保険会社との交渉スキル等も必要になるからです。 しかし、残念ながら交通事故の分野は、最近では新規参入の弁護士事務所が多く、各事務所のホームページが乱立して、どこが交通事故に強いか判断が難しいと思います。 そこで、以下のところを意識してみていただければ、一つの目安になると思います。

  • 交通事故の示談交渉の経験が豊富
  • 過去の解決事例が豊富
  • 医学的知識を兼ね備えている
  • 交通事故の「専門部署」「専門チーム」を備えている
  • 報酬金等の料金体系が明確
  • 弁護士の説明がわかりやすく理解しやすい
  • 相談をしたいときに弁護士が対応してくれる
  • 弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている。

交通事故の示談交渉の経験が豊富

弁護士は、長く経験を積んでいることも大切ですが、交通事故の示談交渉の経験がなければ、前項で挙げたような法に付随する医学的な知識、慰謝料算定方法の知識、保険会社との交渉スキル等不足していることが考えられます。過失割合の争いや、後遺障害等級認定には、特に専門的な知識が必要となるうえに、結果次第で損害賠償全体の金額を大きく左右することから、ときには適正な損害賠償金を獲得することができないこともあります。 交通事故案件の相談件数、取り扱い件数、実績、過去に相談したお客様からの声等が、詳細に弁護士事務所のホームページに記載されているかをチェックし、実際に会ったときに直接、交通事故の示談交渉の経験について質問をしてみるのも良いでしょう。

過去の解決事例をチェックする

交通事故の示談交渉の経験と同時に、訴訟経験についてもチェックする必要があります。交通事故の紛争は、多くの場合、示談交渉によって合意に至りますが、事実関係について争われている場合等、どうしても交渉で決着がつかないときには、訴訟を行うことになるからです。 過去の解決事例を調べる際、交通事故の中でも取り扱いが多いのが、死亡事故であるのか、後遺障害等級認定についてであるのか等について着目することで、具体的にどういった内容の訴訟に強い弁護士であるかがわかります。また、自身の交通事故と類似している事案を扱ったことがあるか、結果がどうであったかがわかれば、依頼をして良い結果が得られる可能性が高いといえます。

医学的知識を兼ね備えている

交通事故で適正な損害賠償金を獲得するための重要なポイントとして、後遺障害等級の認定が挙げられます。交通事故による怪我の症状が、後遺症として残ってしまった場合に、その症状に応じた後遺障害等級が認定されることで、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益等が生じます。したがって、後遺障害等級の認定は、症状固定後の治療費等、後遺症による今後の生活に影響する費用面の補償としてとても大切な要素です。 後遺障害等級の認定を目指すにあたり、受けた方が良い検査、後遺障害診断書に記載した方が良い内容等、弁護士が法的知識とは別に医学的知識も兼ね備えていなければ、ご依頼者様に適切なアドバイスをすることはできません。

交通事故の「専門部署」「専門チーム」を備えている

交通事故だけを扱っているという弁護士はほとんどいません。交通事故と他の事件との割合は様々ですが、交通事故以外の事件も数多く扱っている弁護士がほとんどです。 そして、交通事故を専門で扱う部署を持っている場合、その部署にノウハウが蓄積しやすいため、交通事故案件の経験数が豊富な弁護士が多く、依頼するに値する弁護士に出会える可能性が高くなるでしょう。

報酬金等の料金体系が明確

交通事故の損害賠償は、怪我の治療費、休業損害、慰謝料、逸失利益等様々あるため、損害賠償金額が大きくなる傾向にあります。弁護士は、最終的に獲得できた損害賠償金の中から、一定の割合(事務所によって異なる)を成功報酬としていることから、一定の割合がどの程度であるかで、ご依頼者様の手元に残る金額に大きな差が生じます。 成功報酬以外にも、相談料や着手金、弁護士費用、その他諸経費等、依頼前に明確に提示してくれない場合や、料金体系の説明がわかりにくい場合には、不信感が生まれ、弁護士と信頼関係を築くことは難しくなります。費用対効果も含め、依頼前に明確に説明してくれる弁護士を選びましょう。

説明がわかりやすく理解しやすい

弁護士事務所のホームページの文章や、保険会社との交渉の中で、普段耳慣れない専門用語が使われていることに、戸惑いを覚えた方も多いかと思います。 弁護士に相談する際に、疑問に思うことがあれば、弁護士に質問をしてみてください。その質問にきちんと耳を傾け、ご依頼者様が理解しやすいよう丁寧に説明してくれる弁護士であれば、質問内容を含め交通事故の事案についてしっかりと知識があり、示談交渉や訴訟の場においても、相手方ときちんと話を進めてくれるであろうことも想像できます。 反対に、弁護士の説明がわかりづらいと感じたのであれば、今後のやり取りや進め方についても不安や疑問が残ります。ご依頼者様と弁護士との相性が良いともいえません。 したがって、説明がわかりやすく理解しやすいかどうか、というのも、弁護士を選ぶ際に重要となってきます。

相談をしたいときに弁護士が対応してくれる

弁護士と相談したいときに弁護士が対応してくれるかどうかというのは非常に重要です。 なぜなら、弁護士は基本的には、多数の案件を抱えており、裁判の出廷や出張、法律相談等で在席していない場合が多く、あまり良くないことではありますが、事務局が事件処理のほとんどを行っているという事務所もあると耳にします。 日中に弁護士が電話に出られないことはやむを得ないにしても、質問や相談があるときに折り返しの返事を弁護士が対応してくれない事務所は要注意だと思います。

弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている

弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている 弁護士以外の受付・事務局の能力も、意外と見過ごせない弁護士選びの重要な要素です。 日々の報告や書面の受け渡し、その他連絡事項の窓口は、基本的に弁護士ではない受付・事務局が行いますが、事件を依頼するにあたり、受付・事務局と話す機会は数多くあります。せっかく依頼したにも関わらず、受付・事務局の精度が低く、そこにストレスを感じてしまうと、依頼した意味が半減してしまいます。 さらに、受付・事務局を育てるのは、基本的には弁護士です。受付・事務局はお客様に対して法律相談を受けてはいけないというルールがありますが、法律相談を受けてはいけないということと、交通事故の法的な知識や実務的な知識が無くても良いこととは、イコールにはなりません。 法的な知識や実務的な知識があって、初めてご依頼者様に満足いただけるサービスを提供できることは間違いないですから、受付・事務局の対応が優れている場合、その裏にいる弁護士の能力も優れている可能性が高いといって良いでしょう。

弁護士に相談するタイミングは?

弁護士には、できるだけ早いタイミングで相談することで、ご依頼者様の精神的な負担を軽減するとともに、より適正な損害賠償金の獲得に繋がります。交通事故に遭った際は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

交通事故の被害に遭ったとき、弁護士に相談すべき理由と弁護士相談のタイミング

交通事故に強い弁護士を選ぼう

交通事故の示談交渉や訴訟においては、交通事故の専門的な知識を持っていて、交通事故の示談交渉経験や訴訟経験が豊富である弁護士に依頼するべきであることが、おわかりいただけましたでしょうか。 数多くの弁護士事務所のホームページを比較することで、弁護士や事務所の特色が見えてくるかとは思いますが、全ての情報が詳細に記載されているわけではなく、実際の細かな運用について、ホームページ上で全ての疑問を解決することは難しいです。特に、弁護士の人柄、相性については、実際に弁護士と話をしてみなければわかりません。ご自身の目で確かめみて、交通事故に強い、信頼のできる弁護士に相談をしましょう。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付