メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

交通事故問題に強い弁護士の選び方について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故トラブルの交渉を有利に進めるためには、やみくもに弁護士に依頼すれば良いわけではありません。
せっかく「弁護士に依頼する」という選択をされたのに、弁護士の選び方を誤り、かえってストレスになったり満足できる結果に行きつかなくなってしまったりするのは本末転倒です。
こうした失敗や後悔を未然に防ぐためにも、どのような弁護士に依頼すべきか十分に検討しなければなりません。
今日、様々な情報が飛び交うなかで、“被害者が弁護士を選ぶ時代”となってきています。
本ページでは、“弁護士の選び方”について徹底解説していきますので、ぜひ参考になさってください。

弁護士への依頼を考えたら…避けるべき弁護士の特徴とリスク

交通事故に遭い弁護士への依頼を考えたら、まずは「依頼すべき」弁護士よりも「避けるべき」弁護士を想定しておきましょう。
特に、次に挙げる特徴をもつ弁護士には、ご注意ください。
まず、交通事故事案の実績・知識がない弁護士です。一見、口コミやホームページなどでは凄腕・敏腕弁護士のように映っても、“交通事故事案”に限ると件数をこなしていない弁護士も多いです。
そのような弁護士に依頼してしまうと、慰謝料や示談金の交渉を有利に進めることが難しくなるおそれがあります。
次に、電話や対面で相談したときの対応が悪い弁護士にも要注意です。
弁護士と話したときの、威圧的に感じたり、不親切に思ったりといった「反りが合わない」と感じた自分の感覚は、ぜひ大切にしてください。
依頼者の主張や希望を聞かないなど、その後の示談交渉においてもつきまとう悩みになってしまうこともあります。
また、弁護士業界では、業務広告に関する規程が設けられており、過度な不安や期待をあおる広告を出すことは禁じられています。
「必ず増額します!」「今すぐ依頼しないと損をします!」といったフレーズを見かけたら、その弁護士への依頼は慎重になった方が良いでしょう。
最後に、過去に懲戒処分を受けている弁護士への依頼もできる限り避けるべきでしょう。

交通事故を得意とする弁護士の探し方~メリット・デメリット~

弁護士なら、あらゆる分野の法的な知識を持っていると思っていませんか?
実際は、実務上すべての分野を網羅することは不可能に等しいため、経験を積み重ねて、あらゆる分野の中から得意分野を選定し、相談・依頼を請け負っている弁護士がほとんどです。
では、「交通事故を得意とする弁護士」は、どのように探せば良いのでしょうか?具体的な探し方について、メリット・デメリットを交えてご紹介します。

知人や弁護士会などからの紹介

まずは、紹介を受けるパターンです。紹介者には、友人・知人などが考えられます。
このパターンは、事前にある程度信頼のおける人から具体的な話を聞くことができるというメリットがあるものの、紹介者の主観が尾を引いてしまうことがデメリットとして挙げられます。
交通事故の実績や専門的な知識があるかどうかといった“客観的な評価”がみえにくく、紹介者への義理や情などが影響してしまう懸念もあります。
また、弁護士会や日弁連の交通事故センターから紹介を受けるケースがあります。
この場合、相談してくれる弁護士を自分で選べない、必ずしも実績のある弁護士とは限らないといったデメリットがあります。

インターネットを利用して探す

次に、インターネットで検索するパターンです。
おそらく、大半の方が選択される方法ではないでしょうか。
このパターンでは、解決実績を把握しやすく、アクセスや料金体系なども容易に確認することができます。
また、写真が掲載されていたり、相談の流れが紹介されていたりするページも多いため、事前に心構えができるのも利点として挙げられるでしょう。
さらに、弁護士ドットコムや交通事故弁護士ナビといった、ポータルサイトを利用することで、お住いの地域ごとなど、より自分に合った弁護士や弁護士事務所を効率的に検索できます。 一方で、弁護士事務所を検索し、さらにその中で自分のケースに似た解決実績を探すとなると、かなりの負担が伴います。
実際に行き着くかどうかもわからないありふれた情報を選別していくのは、被害者の方にとって不安を拭いきれない状況であることは否めません。

保険会社から弁護士を紹介してもらう

弁護士費用特約があると、多くの場合こちらが契約している保険会社から弁護士を紹介してもらうことができます。
これは、弁護士会と保険会社が連携をして弁護士を紹介する制度であり、LACと言われています(LACとは、リーガルアクセスセンターの頭文字です)。
弁護士は、保険会社も指定することができず、LACに登録している弁護士からランダムに選ばれます。
このLACのおかげで、弁護士の知り合いがいない方や、相談・依頼の仕方が分からない方でも、弁護士と相談できるという大きなメリットがありますが、その一方、弁護士をこちらで選ぶことができず、「交通事故の専門性に疑問が残る」「相性が合わず不満が残った」という声もよく聞きます。

直接会って判断する

直接会って専門性や人柄を把握する 無料相談などを利用し、依頼検討中の弁護士に直接会って判断するというパターンもあるでしょう。
第三者やインターネットから得た客観的情報ではなく、実際に会って得る主観的情報は、非常に重要な判断要素となります。
この方法は、一度弁護士に会ってみて、交通事故の専門的な知識に長けているか、信頼できるような人柄であるかといった点をご自身で確認できるのが何よりのメリットです。
他方で、それだけの時間と労力が必要となります。相談予約から始まり、事務所などに出向く、事故態様の説明や自身の希望を伝えるといったステップを踏むことは、少なからず心身・時間の負担が伴うでしょう。 ですが、事案が裁判にまでもつれ込むこととなれば、依頼する弁護士とは相当な期間のお付き合いが必要となります。
相性は重要視すべきです。可能な限り、依頼する前に無料相談や弁護士費用特約を利用して、気になる弁護士に相談してみることをおすすめします。

交通事故に遭ったら、どのような弁護士を選ぶべき?

では、肝心の「依頼すべき」弁護士とは、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか?
まず大前提として、交通事故を得意分野としているかどうかを確認しましょう。
交通事故事案の場合、法的な知識だけでなく、医学的な知識、慰謝料算定方法の知識、保険会社との交渉スキルなども必要になります。
この点をきちんと事案に生かし、実績を積んでいる弁護士に依頼すべきです。
しかし、残念ながら、交通事故の分野は最近では新規参入の弁護士事務所が多く、各事務所のサイトが乱立して、どこが交通事故に強いかの判断が難しくなってきています。
そこで、以下の内容を判断材料の一つとしてご活用ください。

  • 交通事故の示談交渉の経験が豊富(過去の解決事例をチェックする)
  • 医学的知識を兼ね備えている
  • 交通事故を集中的に扱う部署がある
  • 報酬金等の料金体系が明確
  • 説明がわかりやすく理解しやすい
  • 交渉力に優れている
  • 相談をしたいときに弁護士が対応してくれる
  • 弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている

交通事故の示談交渉の経験が豊富

弁護士は、長く経験を積んでいることも大切ですが、交通事故の示談交渉の経験がなければ、法に付随する医学的な知識、慰謝料算定方法の知識、保険会社との交渉スキルなどが不足していることも考えられます。
過失割合の争いや、後遺障害等級認定には、特に専門的な知識が必要となるうえに、結果次第で損害賠償全体の金額を大きく左右することから、ときには適正な損害賠償金を獲得できない場合もあります。
交通事故案件の相談件数、取り扱い件数、実績、過去に相談したお客様からの声などが、詳しく弁護士事務所のサイトに載っているかをチェックし、実際に会ったときに直接、交通事故の示談交渉の経験について質問をしてみるのも良いでしょう。

過去の解決事例をチェックする

交通事故の示談交渉の経験と同時に、訴訟経験についてもチェックする必要があります。交通事故の紛争は、多くの場合、示談交渉によって解決していますが、事実関係について争われている場合など、どうしても交渉で決着がつかないときには訴訟を行うことになるからです。
過去の解決事例を調べる際、交通事故の中でも取り扱いが多いのが、死亡事故であるのか、後遺障害等級認定についてであるのかといった点に着目することで、具体的にどういった内容の訴訟に強い弁護士なのかがわかります。
また、自身の交通事故と類似している事案を扱ったことがあるか、結果がどうであったかがわかれば、依頼をして良い結果が得られる可能性が高いといえます。

医学的知識を兼ね備えている

交通事故事案を扱う弁護士は、法的知識とは別に医学的知識を兼ね備えていることが望ましいでしょう。
この点が大きく影響するのが、適正な損害賠償を受ける重要なポイントとしても挙げられる、後遺障害等級の認定においてです。
事故による怪我の症状が後遺症として残ってしまった場合に、その症状に応じた後遺障害等級が認定されることで、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益などが生じます。
後遺障害等級の認定は、症状固定後の治療費といった、後遺症による今後の生活に影響する費用面の補償を受けるためのとても大切な要素です。
後遺障害等級の認定を目指すうえで、受けた方が良い検査、後遺障害診断書に記載した方が良い内容などのアドバイスは、医学的知識も兼ね備えている弁護士でなければ難しいことも多いです。
相談する弁護士が運営しているホームページや評判などをよく確認して、適格そして的確な判断ができる弁護士を見極める必要があるでしょう。

交通事故を専門に扱う部署がある

交通事故だけを扱っているという弁護士はほとんどいません。
交通事故と他の事件との割合は様々ですが、交通事故以外の事件も数多く扱っている弁護士がほとんどです。
そんななか、交通事故を扱う部署を持っている弁護士事務所は、その部署にノウハウを蓄積しやすいため、交通事故案件の経験数が豊富な弁護士が多く、依頼するに値する弁護士に出会える可能性が高くなるでしょう。

報酬金等の料金体系が明確

交通事故の損害賠償は、怪我の治療費、休業損害、慰謝料、逸失利益など、様々なものがあるため、損害賠償金額が大きくなることも少なくありません。
弁護士は、最終的に獲得できた損害賠償金の中から一定の割合(※事務所によって異なります。)を成功報酬として受け取っていることから、その割合がどの程度であるかで、依頼者の手元に残る金額に大きな差が生じます。
成功報酬以外にも、相談料や着手金、その他諸経費といった料金を、依頼前に明確に提示してくれない場合や、料金体系の説明がわかりにくい場合には、不信感が生まれ、弁護士と信頼関係を築くことは難しくなります。
費用対効果も含め、依頼前に明確に説明してくれる弁護士を選びましょう。

説明がわかりやすく理解しやすい

弁護士事務所のサイトの文章や、保険会社との交渉の中で、普段耳慣れない専門用語が使われていることに戸惑いを覚えた方も多いかと思います。
ぜひ、弁護士に相談する際に、疑問に思うことがあれば質問してみてください。
それにきちんと耳を傾け、依頼者が理解しやすいよう丁寧に説明してくれる弁護士であれば、質問内容を含め交通事故の事案についてしっかりと知識があり、示談交渉や訴訟の場においても、相手方ときちんと話を進めてくれるであろうことも想像できます。
反対に、弁護士の説明がわかりづらいと感じたのであれば、今後のやりとりや進め方についても不安や疑問が残ります。
依頼者と弁護士との相性が良いともいえません。
したがって、説明がわかりやすく理解しやすいかどうかというのも、弁護士を選ぶ際に重要となってきます。

交渉力に優れている

当然のことのようですが、交渉力に優れている弁護士であることも大事です。
相手方となる保険会社は、事案によっては弁護士を立ててくることもあります。この場合、弁護士同士で交渉を進めることになりますので、より専門知識や交渉スキルが求められます。そこで、交渉力に優れた弁護士に依頼し対抗することで、優位な立場で事案を進められるでしょう。
交渉の術として、これまでの経験や備わっている知識がいかされますので、やはりこの点をチェック項目に加えておいた方が賢明です。

相談をしたいときに弁護士が対応してくれる

相談したいときに弁護士が対応してくれるかどうかというのは非常に重要です。
なぜなら、基本的に弁護士は多数の案件を抱えており、裁判の出廷や出張、法律相談等で在席していない場合も多く、あまり良くないことではありますが、事務局が事件処理のほとんどを行っているという事務所もあります。
日中に弁護士が電話に出られないことはやむを得ないにしても、質問や相談があるときに折り返しの返事を“弁護士が”対応してくれない事務所は要注意です。

弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている

弁護士以外の受付・事務局の対応が優れている 弁護士以外の受付・事務局の能力も、意外と見過ごせない弁護士選びの重要な要素です。 日々の報告や書面の受け渡し、その他連絡事項の窓口は、基本的に弁護士ではない受付・事務局が行いますので、事件を依頼するうえでも、受付・事務局と話す機会は数多くあります。
せっかく依頼したにもかかわらず、受付・事務局の精度が低く、そこにストレスを感じてしまうと依頼した意味が半減してしまいます。さらにいうと、受付・事務局を育てるのは、基本的には弁護士です。
受付・事務局はお客様に対して法律相談を受けてはいけないというルールがありますが、交通事故の法的な知識や実務的な知識がなくても良いこととは、イコールにはなりません。
法的な知識や実務的な知識があって初めて依頼者に満足いただけるサービスを提供できることは間違いありませんので、受付・事務局の対応が優れている場合は、その裏にいる弁護士の能力も優れている可能性が高いといって良いでしょう。

弁護士に相談するタイミングは?

弁護士に相談するベストなタイミングは、「できるだけ早い」に越したことはありません。
事故に遭ってから起こすまたは起こされるアクションは、示談交渉においてキーポイントとなることも多いです。逆にある程度経過したタイミングだと、手遅れでどうしようもなく、賠償を受けるうえで満足のいく結果とならないおそれもあります。
事故直後からでもアドバイスできることがありますので、ぜひお早めにご相談ください。

弁護士相談のタイミング

交通事故の示談交渉や訴訟で後悔しないためにも、交通事故に強い弁護士を選びましょう

交通事故の示談交渉や訴訟においては、専門的な知識を持っていて、示談交渉経験や訴訟経験が豊富である弁護士に依頼するべきであることがおわかりいただけたと思います。
数多くの弁護士事務所のサイトを比較することで、弁護士や事務所の特色が見えてくるとは思いますが、すべての情報が詳細に記載されているわけではなく、実際の細かな運用について、サイト上ですべての疑問を解決することは難しいです。
特に、弁護士の人柄、相性については、実際に弁護士と話をしてみなければわかりません。
ご自身の目で確かめみて、交通事故に強い、信頼のできる弁護士に相談をしましょう。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他弁護士依頼に関する記事