メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

後遺障害等級非該当から異議申立てによって14級が認定された事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頸椎捻挫等
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
宇都宮支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級

事件の概要

依頼者はご夫婦(ともに60代)で、運転中に渋滞待ちをしていたところ、相手方車両に追突されたという事故態様でした。
依頼者らは、頸椎捻挫等の怪我を負いました。

後遺障害等級認定申請を行った結果、お二人ともに非該当となり、異議申立てをしたいとのことでご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

異議申立ての準備として、通院先の診療録等の資料を収集し、治療の内容や検査結果を検討しました。
主治医が協力的とのことでしたので、最近までの依頼者の症状に関する診断書を書いてもらい、さらには、担当弁護士が質問事項書を作成し、お送りして回答してもらいました。
主治医の回答から、検査により陽性反応が出ているといった新たな事実が判明したため、これらの内容を異議の理由として整理し、異議申立てを行いました。
申立ての結果、ご夫婦両名とも14級に該当するとの認定が得られました。 後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る