メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

弁護士の介入及び速やかな交渉により賠償額の増額に至った事例

争点:
賠償額
対応事務所:
宇都宮支部

事件の概要

依頼者(30代・会社員)が信号待ちで停車していたところ、後続の相手方車両に追突されたという事故態様でした。
依頼前の時点で、相手方保険会社から賠償案が提示されていましたが、依頼者ご本人では提示額が適切なのか判断がつかなかったために、ご相談、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG宇都宮支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が相手方の提示額を検討したところ、慰謝料に増額の余地があると判断したため、早速、先方に増額の交渉をしました。
その結果、相手方は増額に応じ、依頼者も早期に示談をまとめて賠償金を受け取りたいとの意向だったため、示談成立となりました。
依頼者では相手方(保険会社)の提示額が適切か否かの判断や、増額できる限界の判断ができない場合であっても、弁護士にて速やかに内容を検討し、ご説明できるケースは数多くあります。
本件は、弁護士からご本人に代わり相手方保険会社に連絡を取ることで、増額の話が速やかに進むことを示す一例といえます。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る