メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

担当弁護士による一貫したサポートにより後遺障害等級認定を受け、賠償額が120万円の増額となった事例

後遺障害等級:
14級9号
争点:
賠償金額
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約70万円 約190万円 120万円増額

事件の概要

依頼者が、片側一車線道を路上から右折して路外へ出ようとした際、後方から依頼者車両を追い越そうと直進してきた相手方車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫等の傷病を負い、約8ヶ月半の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は、先行して物損の示談を進め、過失割合を依頼者:相手方=1:9でまとめていました。
しかし、依頼者は治療途中で、相手方側とやりとりする手間や今後の進行について不安を感じるようになり、専門家の説明を聞きたいと考え、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者が症状固定を迎えた後、後遺障害等級認定申請を被害者請求で行い、後遺障害等級14級9号と認定を受けました。
相手方からは、依頼者の症状固定直後に、通院交通費と入通院慰謝料のみの賠償案(70万円弱)が提示されていました。
担当弁護士が、後遺障害等級の結果と併せて交渉した結果、過失割合(1割)の減額があったものの、既払い分と自賠責からの保険金(75万円)を除いて、合計約190万円を支払ってもらう内容の示談が成立しました。 弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る