メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

調停において被害者死亡による逸失利益の主張・立証活動を行い、高額な損害賠償金の支払いを受けるに至った事例

争点:
賠償金額・逸失利益
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
損害賠償金額 3000万円程度 4500万円 約1500万円の増額

事件の概要

被害者は、交差点を青信号で歩行横断していたところ、後方から来た右折車にはねられたという事故態様でした。
被害者は本件事故から3日後にお亡くなりになり、その相続人であるお子さんが損害賠償の話をどのように進めたらよいか迷い、ご依頼を受けました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、葬儀費用、慰謝料、逸失利益の賠償額を算出し、相手方に提示しました。
相手方は当初、3000万円程度の支払いしかできないとの返答に固執し、当方の提示額との開きが埋まらないままでした。
相手方にも代理人の弁護士が付くこととなり、協議の結果、民事調停で内容を整理することとなりました。
本件では、逸失利益に争いがありました。
逸失利益について、依頼者は事故当時65歳の兼業主婦であったため、逸失利益の計算の仕方にいくつかのパターンがあり、高額となる可能性がありました。担当弁護士は、当方の請求の根拠について説明し、根拠資料を提出する等しました。
こうした主張・立証活動の結果、既払い分を除いて4500万円の支払いを受ける内容で調停成立に至りました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る