メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

弁護士の後遺障害等級認定申請と示談交渉により合計約420万円の賠償金を回収できた事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
半月板損傷、頸椎捻挫等
争点:
休業損害、賠償金額、後遺障害等級
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約420万円 事故直後からの受任
後遺障害等級 14級 等級も適正に認定

事件の概要

依頼者が、道路を歩いていたところ、進行方向より後退してきた車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、半月板損傷、頸椎捻挫等の傷病を負い、6ヶ月間以上の通院治療を受けることとなりました。
しかし、相手方から休業損害が十分に支払われなかったため、生活費が不足する窮地に至りました。
また、相手方本人や相手方保険会社の不誠実な言動から、今後の治療に対する不安や相手方とのやりとりへの苦痛を感じるようになりました。
そこで、専門家に依頼する必要を感じられたとのことで、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

休業損害については、休業損害に関する資料準備が不足していたため、依頼者と連携して資料を用意し、最終的に100万円近い金額を獲得しました。
また、症状固定後にこちらで後遺障害等級認定申請を行った結果、半月板損傷に起因する膝部症状について、後遺障害等級14級が認定されました。
後遺障害等級認定により自賠責保険から75万円の保険金を回収したうえ、担当弁護士の交渉により、相手方から既払い分や自賠責保険の上記保険金を除いて約270万円以上の賠償額を支払ってもらう内容の示談を成立させました。
担当弁護士の後遺障害等級認定申請や相手方への主張立証活動により、休業損害、自賠責保険金及び相手方からの支払額を合計して、約420万円以上の賠償金を回収することができました。 交通事故に遭われた方へ

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る