メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

異議申立てにより非該当から後遺障害等級14級が認定され適切な賠償額を回収するに至った事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚椎捻挫
争点:
賠償金額、後遺障害等級
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
損害賠償 約50万 約180万円 約130万円の増額
後遺障害等級 非該当 14級 等級非該当からの認定

事件の概要

依頼者が、道路を直進していたところ、進行方向右手側の駐車場から路上に進入してきたトラックに衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、頚椎捻挫の傷病を負い、7ヶ月以上の通院治療を受けることとなりました。
そして、事前認定の結果、依頼者の頸椎捻挫は後遺障害等級非該当となりました。
相手方から提案された賠償額は50万円程度と少なく、疼痛等の症状が続いているため、異議申立てをすべきではないかと思われた依頼者から、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、本件事故態様がトラックによる強い衝撃を受けたものである点や、医療記録上で依頼者が治療中から一貫して頚部痛を訴えており、現在も治療を継続している点を書面にまとめて、異議申立てを行いました。
申立ての結果、頚椎捻挫を原因とする頚部痛などの頚部症状について、後遺障害等級14級9号が認定されました。
後遺障害等級認定の結果、自賠責保険から75万円の保険金を獲得し、さらに担当弁護士の交渉により、既払い分と自賠責保険からの上記保険金を除いて100万円以上の賠償金を支払ってもらう内容の示談を成立させることができました。相手方の当初の提示額から3倍以上の回収額となりました。 後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る