メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

弁護士の主張立証活動により主夫の休業損害が認められた事例

後遺障害等級:
なし
被害者の状況:
頚椎捻挫、腰椎捻挫
争点:
賠償金額、主夫の休業損害
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害 - 主夫として休業損害を獲得
賠償金額 提示無し(金額提示前) 約80万

事件の概要

依頼者が、自車線を進行していた折、前方車が停止したことに伴い停止したところ、後続車から追突されたという事故態様でした。
依頼者は、頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷病を負い、3ヶ月間の通院治療を受けました(※諸事情により途中で通院を中止されました。)。
本件事故当時、依頼者は、幼齢のお子さんを養育しており、兼業できる状況ではありませんでした。
このように、本件事故の負傷により実際に育児、家事に支障が出ているものの、主夫としての休業損害を請求できるか不安に思われた依頼者から、ご相談を受け、ご依頼を頂戴する運びとなりました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者から健康保険等の扶養関係、家族構成、同居者の稼働状況、主夫業の具体的な内容を聴取し、説明用の書面や添付資料を用意しました。
このような資料提出を含めた交渉により、主夫としての休業損害が認められる内容で示談成立に至りました。 休業損害の請求

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る