メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

担当弁護士による医師面談を通じた診断書作成のフォローにより後遺障害等級併合14級が認定され、約155万円の賠償金を獲得できた事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況:
頸椎捻挫等
争点:
賠償金額
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額(既払除く) 提示無し(賠償金提示前のご依頼) 約155万円

事件の概要

依頼者は小型バイクで走行していたところ、交差道路から直進進入してきた相手方車両に接触されたという事故態様でした。
依頼者の小型バイクは全損となり、依頼者自身は頸椎捻挫等の傷病を負って約1年間の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は症状固定となり、担当医に後遺障害診断書を作成してもらっていました。しかし、今後の進み方がわからず、専門家による助力の必要性を感じられたことから、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、担当医の作成した後遺障害診断書を拝見したところ、「他覚的所見」の欄の記載が乏しく、自覚症状中心の内容では何らかの認定を得ることは難しいと判断しました。
そこで、担当医と面談を行い、後遺障害診断書の追記修正をお願いしたところ、一部追記をしてもらいました。
こうした準備の下、被害者請求による後遺障害等級認定申請の結果、後遺障害等級併合14級が認定されました。
担当弁護士は、後遺障害等級の認定結果を基に、相手方と賠償額の交渉に臨みました。
本件は、過失割合について依頼者:相手方=15:85が相当と考えられる事案であり、これによる減額は避けられないものの、弁護士基準を前提とした提案を行い、相手方の提示額を約150万円まで引き出しました。
しかし、そこからの増額が進まなかったことから、交通事故紛争処理センターのあっ旋手続を利用して、約5万円の「あと一押し」を獲得し、約155万円の賠償金を支払ってもらう内容で和解が成立しました。 ALGが選ばれ続ける理由

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る