メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

再検査を助言したこと、そして新たなMRI画像から椎体の圧潰率を計ったことが、後遺障害等級の上昇に結び付いた事例

後遺障害等級:
8級相当(脊柱変形障害)
被害者の状況:
腰椎圧迫骨折
争点:
圧迫骨折による変形障害の程度
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 11級7号 8級相当 等級アップ

事件の概要

依頼者がバイクを運転していたところ、相手方車両にはねられるという事故態様でした。
依頼者は、腰椎圧迫骨折その他の傷病を負い、一定期間の入通院治療を受けることとなりました。
治療終了後、事前認定を受けた結果、「脊柱に変形を残すもの」があると評価され、後遺障害等級11級7号が認定されました。
依頼者は、自身の障害の内容から、この後遺障害等級認定の結果が適切な内容か否か判断がつかず、専門家による助力の必要性を感じられたとのことで、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者に治療経過を聴取し、MRI画像等の医療記録を収集して検討したところ、より正確な画像所見が必要であると判断しました。そこで、依頼者に新たにMRI検査を受けるよう助言し、その検査の結果、受傷箇所の椎体の圧潰率が50%を超えることが明らかになりました。
この検査結果を基に異議申立てを行ったところ、脊柱の変形について「中程度の変形を残すもの」と評価され、後遺障害等級8級相当が認定されました。
圧迫骨折は、医師でも後遺障害とは考えていないことがある症例であるものの、担当弁護士は後遺障害診断書の記載だけではなく、複数のMRI画像を照らし合わせて検討し、椎体の圧潰率の統計を取ったことが結果に結び付いた事案でした。 後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る