メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

訴訟で当方の主張がほぼ受け入れられた形で和解成立に至った事例

被害者の状況:
頚椎捻挫、腰部挫傷
争点:
賠償金額(治療期間・慰謝料額)、過失割合
対応事務所:
千葉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約20万 約130万円 約110万円の増額
過失割合 8対2 10対0 過失を無過失に修正

事件の概要

依頼者が、駐車場から自車を路外進出させようとしたところ、同じく駐車場から路外進出しようとしていた相手方車両が依頼者車両の右後部に衝突してきたという事故態様でした。
依頼者車両は大破し、依頼者は頚部挫傷、腰部挫傷を負い、9カ月以上の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は、治療中の相手方側の対応が不誠実であると感じ、納得がいかなかったため、弊所へのご相談を決め、ご依頼を頂戴する運びとなりました。

弁護士法人ALG千葉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者の治療が完了した後、賠償額を算定し、相手方代理人弁護士に提示しました。
しかし、相手方が対案として出してきた賠償額は約20万円で、当方が希望した金額とは大きな開きがあったことから、担当弁護士は依頼者と協議のうえ、訴訟手続に踏み切りました。
訴訟では、あらゆる部分が争われましたが、特に、治療期間と過失割合の争いが熾烈でした。相手方は、治療期間は、事故から4ヶ月間が相当であると主張し、過失割合は、出会い頭の事故だったとして、相手方:依頼者=8:2が相当であると主張してきました。
そこで、担当弁護士が、刑事記録やカルテ等の記録をしっかり読み込み、丁寧に反論したところ、裁判官から、治療期間は当方の希望どおり9ヶ月以上であり、過失割合は10:0で依頼者は無過失である、との心証を開示されました。
調整の結果、相手方が賠償額として130万円を支払う内容で、裁判上の和解が成立しました。
担当弁護士の丁寧な訴訟対応が奏功し、慰謝料等を含めて、当方の請求額の満額に近い金額を支払わせる和解を成立させることができました。 交通事故に遭われた方へ

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る