メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

弁護士による後遺障害診断書の見直し等のサポートにより後遺障害等級8級2号が認定され、約4250万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
8級2号
被害者の状況:
腰椎破裂骨折、多発肋骨骨折等
争点:
後遺障害等級、逸失利益等
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 提示無し 約4250万円 ※自賠責保険金819万円を含む
後遺障害等級 認定なし 8級2号 後遺障害等級申請前のご依頼

事件の概要

本件は、依頼者車両が信号のない丁字路交差点の直進路を直進していたところ、相手方車両が突き当たり路から丁字路交差点を右折進入して衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、腰椎破裂骨折、多発肋骨骨折等の傷病を負い、約1年間の入通院治療を続けましたが、背部痛が残ったり、胸腰椎部の可動域が制限されたりした状態で症状固定に至りました。
依頼者は、自身の症状が重かったことから、後遺障害等級認定申請の手続をきちんと進めるために弁護士のサポートが必要だと考えられ、弊所にご依頼くださいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者からこれまでの治療経過を聴取し、担当医に書いてもらった後遺障害診断書を検討したところ、胸腰椎部の運動障害について後遺障害等級8級2号に該当する可能性がありそうでした。しかし、今の後遺障害診断書のままでは記載が不十分であるため、準備を尽くす必要がありました。
担当弁護士は、依頼者に胸腰椎部の可動域測定の方法等をご説明し、担当医に相談のうえ、きちんとした可動域の測定を行ってもらい、後遺障害診断書にその結果を追記してもらうよう助言しました。
こうして、追記された後遺障害診断書を提出して、被害者請求による後遺障害等級認定申請を行った結果、脊柱の運動障害について後遺障害等級8級2号が認定されました。
担当弁護士は、後遺障害等級の結果を踏まえて弁護士基準に照らして賠償額を算出し、相手方との交渉に臨んだところ、後遺障害等級認定の通知を受けてから約1ヶ月間で、自賠責保険金を含めて約4250万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る