メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

異議申立てにより後遺障害等級14級を獲得し、既払い分を除いて約350万円もの賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫、腰部挫傷
争点:
賠償額(休業損害・慰謝料)
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約230万円 (当方から先に賠償額を提示し それに対しての相手方の回答)  約350万円 約120万円の増額

事件の概要

依頼者(主婦、事故当時31歳)が自転車に乗って、5差路となっている交差点で、歩行者用信号機が青であるのを確認してから交差点内に進入したところ、右側から直進してきた相手方車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫及び腰部挫傷等の傷病を負い、約10ヶ月間の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は、症状固定となった後、どのように話を進めたらよいかわからず、専門家の助力の必要性を感じられて、弊所にご依頼されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者と方針に関する協議をし、後遺障害等級認定を得ることにしました。
後遺障害等級認定申請及び異議申立ての結果、後遺障害等級14級9号の認定を受けました。
担当弁護士は、後遺障害等級認定の結果を踏まえて賠償案を作成し、相手方との交渉を進めました。相手方は当初、休業損害(いわゆる主婦休損)や慰謝料について低い水準での対案を出し、その賠償額は既払い分を除いて約230万円となっていましたが、担当弁護士が家事労働への支障や依頼者の精神的苦痛を主張した結果、既払い分を除いて賠償金約350万円を支払う内容で示談が成立しました。なお、後遺障害等級認定に伴い、上記の賠償額とは別に自賠責保険から約75万円の保険金を受け取っています。
本件は、過失割合による減額もあった中で、後遺障害等級14級9号のケースとしては高額の賠償金を回収できた事例といえます。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る