メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

治療経過を踏まえて医師に症状固定時期の修正をしてもらう等のサポートにより、後遺障害等級併合9級が認定され、約2500万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
併合9級
被害者の状況:
肘関節の可動域制限、左足部の疼痛、左足第2足指の機能障害等
争点:
症状固定時期、賠償額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 未提示 2500万円(自賠責保険金を除く) 適正な額の賠償金を獲得
後遺障害等級 認定前 併合9級 認定をサポート

事件の概要

本件は、依頼者が自車線を直進していたところ、相手方車両が対向車線からセンターラインオーバーをして正面衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、上腕骨骨幹部開放骨折、第1・2中足骨骨折、第2趾基節骨骨折等の傷病を負いました。
依頼者は一定期間の治療を受けた後、一旦症状固定と判断され、担当医に後遺障害診断書を書いてもらっていました。しかし、その後も症状が安定しないため自費で通院治療を受けており、後遺障害診断書に不安な点が見られたこと等から、専門家に任せたいとお考えになり、ご依頼をくださいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者の治療経過等を聴取し、後遺障害等級認定申請の準備を進めることにしました。各通院先から依頼者の症状に対する検査・画像資料を取得し、後遺障害診断書の記載内容を入念にチェックしました。
依頼者は、一旦症状固定と判断された後も、患部の手術を受けたりする等、治療を要する状況が続いていました。そこで、担当弁護士は、依頼者の症状がしっかり安定した後、再度、担当医に症状固定時期に関する問い合わせを行い、後遺障害診断書の傷病名、自覚症状、検査結果の追記・修正をしてもらいました
被害者請求による後遺障害等級認定申請の結果、依頼者は、肘関節の機能障害について10級10号、左足部の疼痛について12級13号、左足第2足指の機能障害について13級10号、膝関節の疼痛について14級9号、右足部の疼痛について14級9号と評価され、後遺障害等級併合9級と認定されました。
担当弁護士は、後遺障害等級の結果を踏まえて、弁護士基準に照らして賠償額を算出し、示談交渉に臨みました。相手方の出し渋りはあったものの、粘り強い交渉の結果、当方請求額に近い内容を認めてもらい、最終的に、既払い分を除いて約2500万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。 後遺障害等級認定

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る