メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

担当弁護士による約2ヶ月間の交渉で賠償額が倍増する内容での示談に至った事例

後遺障害等級:
12級8号
被害者の状況:
長管骨の変形
争点:
慰謝料、逸失利益
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 約900万円 約1800万円 約900万円増額

事件の概要

依頼者の事故態様は、車道のうち横断歩道のない箇所を横断していたところ、相手方車両に衝突されたというものでした。
依頼者は、足関節脱臼骨折等の傷病を負い、数年間という長期間にわたり入通院治療を受けることとなりました。
症状固定後、事前認定の結果、下腿部分に長管骨の変形を残る点について後遺障害等級12級8号が認定されました。
相手方から賠償案が提示されたものの適切な内容か否かの判断がつかず、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が相手方の賠償案を検討したところ、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益が低額であった一方、入通院慰謝料は低額とまではいえない金額でした。
それでも、担当弁護士による粘り強い交渉の結果、入通院慰謝料は約100万円の増額になる等トータルでは倍増となり、ご依頼から約2ヶ月間で、約1800万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。 交通事故の賠償金額 無料診断サービス

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る