メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

約1ヶ月半という短期間の交渉で、賠償金を260万円以上増額させる内容で示談に至った事例

後遺障害等級:
12級6号
被害者の状況:
右肩関節の機能障害(可動域制限)、右肩関節痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約316万円 約580万円 約264万円の増額

事件の概要

依頼者がバイクで走行していたところ、相手方車両に衝突され、転倒したという事故態様でした。
依頼者は路面に右肩等を強く打ったことで、右肩甲骨骨折、肋骨骨折等の傷病を負い、一定期間の通院治療を受けることとなりました。その後、事前認定を受けた結果、右肩関節の機能障害(可動域制限)について後遺障害等級12級6号が認定されました。
相手方からは賠償案が提示されましたが、適切か否かの判断がつかず、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が相手方の賠償案を検討したところ、弁護士基準と比べて低い金額となっていました。
具体的には、慰謝料額がかなり低く算出されており、また、逸失利益も労働能力喪失期間を通常より短い期間に設定されたうえで算出されていました。
そこで、担当弁護士が弁護士基準に照らして賠償額を算出し、相手方と交渉した結果、過失相殺前で慰謝料は約200万円、逸失利益は約170万円の増額となりました。過失相殺による相応の減額はあったものの、最終的にご依頼から約1ヶ月半で、当初提示額から260万円以上増額する内容での示談が成立しました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る