メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

過失割合や慰謝料の金額について交渉し、約283万円増額した事例

後遺障害等級:
併合9級
被害者の状況:
左肩鎖関節脱臼、左鎖骨変形障害
争点:
賠償額、過失割合
対応事務所:
埼玉支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約717万円 約1,000万円 約283万円の増額
過失割合 20:80 15:85 過失割合を有利に修正

事件の概要

ご依頼者様(会社員、事故当時39歳)は、自動二輪車での通勤途中、車線と車線の間を進行したところ、左前方を走る相手方車両が車線変更を開始したため衝突し、左肩鎖関節脱臼、左鎖骨変形障害等の傷害を負いました。
ご依頼者様は約3週間の入院を経て通院治療を開始したものの、労災保険へ切り替えるべきか否か、休業損害(休業補償)はどの程度利用できるのか、後遺障害が残った場合にどうすればよいか等の疑問やご不安を持たれるようになりました。
そこで、専門家に依頼する必要を感じられ、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG埼玉支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、過失割合でご依頼者様が無過失になるとは限らないと判断し、労災保険への切り替えをお勧めして、職場での手続をサポートいたしました。
その後、症状固定を迎えて、労災保険における傷害認定の申請のサポート及び自賠責保険における後遺障害等級申請を行いました。
労災保険の傷害認定では、約277万円の障害一時金を受給する結果となり、自賠責保険の後遺障害等級は併合9級の認定を受けて保険金として616万円を得ることができました。
本件では、事故における過失割合や慰謝料の金額が争いとなりました。当初から弁護士による賠償額の交渉が行われたものの、金額に開きがありました。
弁護士によるさらなる交渉を経て、上記の障害一時金や自賠責保険金を含めた合計約1200万円の既払い金の他に、ご依頼者様にご納得いただける金額で示談を結ぶことができました。 弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る