メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

後遺障害等級認定で非該当とされたところ、弁護士が異議申し立てた結果14級9号が認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
左肘挫傷、頚部挫傷、左腕神経叢障害
争点:
後遺障害等級認定
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約320万円※治療費を除く 金額提示前のご依頼
後遺障害等級 非該当 14級9号 異議申し立てにより等級を獲得/span>

事件の概要

ご依頼者様は事故後一貫して頚部の疼痛を訴えていましたが、後遺障害等級認定で非該当であったため、弁護士が異議を申し立てた結果、14級9号「局部に神経症状を残すもの」として後遺症が認められた事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

14級9号の「局部に神経症状を残すもの」と認定されるには「神経障害が医学的に証明し得るとは認められなくても、受傷時の状況や治療の経過などから、その訴えが医学上説明のつくものであり、疼痛などの自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定され」る必要があります。
一般的に、大きな衝撃を受けた事故であれば、後遺症が残る可能性が高くなります。また、事故直後から一貫して訴えていた痛みはその事故と関係のある痛みだと判断されやすくなります。そこで担当弁護士は、異議申立てに際し再度膨大な量の診療録等を精査し、医師作成の資料も適宜修正をお願いする等のお手伝いをさせていただきました。

治療の経過についてはカルテを読み込みました。カルテには治療の経過が細かく記載されていますので、どのような症状がどの程度残っているのかを分析するのに非常に有用な資料です。本件では、事故翌日から2年弱もの間一貫して頚部や左肘を中心とする左上肢の疼痛や握力の低下を訴え、任意保険会社の一括対応終了後も自費で通院して治療を続けていたこと等から、自覚症状が単なる故意の誇張でなく医学的に説明がつくものだと主張しました。

結果、異議申立てが認められ、頚部の神経症状が14級9号に該当するものと判断され、治療費を除き320万円で示談しました。
弁護士が客観的な資料を正しく分析して主張することで依頼者様のお力になれる場合がございます。泣き寝入りしないためにも、お困りの際には気軽にご相談ください。

後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る