メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

粘り強い交渉により死亡慰謝料等を増額した事例

後遺障害等級:
なし
被害者の状況:
死亡
争点:
過失割合,死亡慰謝料
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約2,600万円※既払い金含む 金額提示前からのご依頼

事件の概要

高齢(80歳)の年金生活者であったご依頼者様のお父様は、ご自宅の近くを散歩中、道路を横断されようとしたところ、自動車に追突され、その衝撃で対向車線に飛ばされてしまい、対向車にも衝突し、頭部を強打する等して、即死されました。
ご依頼者様は、死亡事故特有の必要書類の取得方法、相手方保険会社との交渉の方法等がわからず、今後相手方保険会社から提示される賠償額(特に慰謝料と過失割合)が適正なものになるかどうかに不安を強く感じておられたため、弁護士法人ALG&Associates大阪支部にご相談されました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

①まず、死亡慰謝料について、相手方保険会社は、お亡くなりになられた被害者の方が高齢(80歳)の年金生活者で、身の回りの生活や家計には同居する息子夫婦の協力を得るところが多かったこと等を指摘し、合計1,800万円以上支払うことができない旨を強固に主張してきました。そこで、当所の担当弁護士は、ご依頼者様に有利となる類似の裁判例を調査したうえで、お亡くなりになられた被害者の方が健康上特に憂慮するべき箇所がなく概ね健康に過ごせており、地域社会においても重要な役割を果たし、孫たちの成長も楽しみにしていたにもかかわらず、突然その命を奪われたという経緯等を強調し、最終的に、お亡くなりになられた被害者の方固有の慰謝料として2,100万円、2人のお子様それぞれについて150万円、合計2,400万円を獲得することができました。

②次に、過失割合については、横断歩道によらない横断であって、横断歩道や交差点の近くでもない場所における事故として、基本過失割合を20:80、お亡くなりなられた被害者の方が高齢者であることからくる修正を加え、最終的に15:85の過失割合で合意することになりました。
上記合意にあたっては、ご依頼者様を有利にする更なる修正要素がないか、加害者の刑事処分が終了するのを待ち、実況見分調書等の客観的な資料を参照して、より詳細な事故態様を調査することも考えられましたが、その時点で実況見分調書の取得にはあと数カ月はかかるものと見込まれたこと、結果として得られた実況見分調書の内容がご依頼者様の有利な内容とは限らないこと等から、早期の解決を優先することにしました。そして、交渉を継続して行い、事故直後に葬儀費用等に充てるために相手方保険会社から支給された見舞金300万円を、損害賠償額の計算上既払額として控除しないことにして、過失割合について合意することとしました。

結果として、損害賠償額が300万円増えることとなり、お亡くなりになられた方の過失割合を実質5%以下にしたことと同じ結果を獲得することに成功し、ご依頼者様に大変満足して頂くことができました。

ご家族が交通事故被害に遭われた方へ

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る