メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交渉により約1,100万円増額し、通常の交渉で予想される金額よりも高い金額で合意できた事例

後遺障害等級:
12級7号
被害者の状況:
右足関節の機能障害
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約600万円 約1,700万円 約1,100万円の増額

事件の概要

ご依頼者様は、青信号で交差点に進入したところ、左方から赤信号無視で侵入してきた車両に追突されました。
追突の衝撃はすさまじく、右脛に開放骨折が生じ、長期の治療を要しました。

それのみならず、事故に対する恐怖から、心的外傷後ストレス障害を負い、これに対する治療も長期に及びました。
そのため①長期間に及ぶ治療費の必要性等についても争われるという法的リスクのほか、②相手保険会社として治療費や休業損害をかなりの金額負担しており保険金を出し渋るのではないかというリスクがありました。

上記のようなリスクのある中で、依頼者に対して保険会社から600万円程度の保険金を支払う旨の提案がありました。しかし、依頼者としてはこの金額が妥当か否かを判断することもできなかったため、弁護士に相談をしました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

保険会社が依頼者に最初に提示した支払金額は600万円という金額でした。この金額は、依頼者が入通院を必要とした期間や、依頼者が負ってしまった後遺障害から見て非常に低額であり、リスクとして懸念されたように、保険会社が保険金の支払いを出し渋ったものと思われました。
そこで、まず、保険会社の提案額が非常に低額であることを依頼者に説明をしたところ、当事務所に交渉を依頼いただきました。

この件については、一般的な裁判基準に基づく最大限の請求を行ったのみならず、事故態様の重大性等も勘案し、一般的な裁判基準における入通院慰謝料・後遺障害慰謝料に割り増しをしたうえで請求を行いました。
これにより、保険会社としても交渉における当方の強い姿勢を感じ取ったのか、当方の請求した割増額の満額とはいかないまでも、通常の交渉で予想される金額よりも高い金額での示談に応じました。

依頼者の利益のために、強い態度で交渉を行ったことが結果につながった案件といえます。

弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る