メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

後遺障害等級が非該当となり50万円の提示を受けていたところ、弁護士の介入により12級13号が認定され、総額1,100万円を超える金額を獲得できた事例

後遺障害等級:
別表第二第12級13号
被害者の状況:
TFCC損傷
争点:
後遺障害等級
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約50万円 約1,100万円 20倍以上の増額
後遺障害等級 非該当 12級13号 異議申立てにより認定

事件の概要

事故態様は、ご依頼者様が交差点に進入した際、交差道路から一時停止無視で加害車両が直進してきて衝突したというものです。この事故により、ご依頼者様は手関節捻挫やTFCC損傷等の傷害を負い、半年ほど通院しましたが、手関節痛が改善しないまま症状固定に至りました。
ご依頼者様は、まず加害者側保険会社を通じ、自賠責保険に対して事前認定の手続きで後遺障害等級認定申請を行いました。しかし、非該当との結果になり、傷害部分のみの賠償案(50万)を提案されました。
このタイミングで、当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

当法人の担当弁護士が、後遺障害診断書や画像などを確認した結果、異議申立てを行うことで、結果が覆る可能性があったことから、その旨ご説明し、ご依頼を受けました。
その後、担当弁護士が、医師と協議を行い、医師から意見書を取得したうえで、異議申立書を作成し、自賠責保険に対し、異議を申し立てました。
その結果、TFCC損傷を認めるとして、自賠責保険より別表第二第12級13号の認定を受けることができました。
加害者側保険会社からの賠償も12級の後遺障害として支払われた結果、自賠責保険金も含めて、総額1,100万円を超える金額を獲得することができました。
ご依頼前の提案からすれば20倍以上の賠償金となったことから、ご依頼者様には大変満足いただけました。 後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る