メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

訴訟にて後遺障害について考慮した和解案が提示され、通院慰謝料を満額とした上で30万円積み増しされた事例

後遺障害等級:
非該当
被害者の状況:
頸椎捻挫
争点:
後遺障害等級該当性、賠償金額等
対応事務所:
福岡支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約130万円 金額提示前のご依頼

事件の概要

ご依頼者様は、追突事故により、頚部痛の他、左手にしびれを生じていました。ご依頼の時点で、後遺障害等級認定申請(事前認定)は非該当、ご自身で行った異議申立てでも非該当とされていました。弊所でも異議申立て等を行いましたが、認定結果に変更はありませんでした。ご依頼者様の強い意向により、後遺障害としての評価を少しでも獲得するべく、訴訟を提起した事案です。

弁護士法人ALG福岡支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、事故前から障害が存在していました。事故当時もその治療のために長期間休業していたため、休業損害の請求は困難でした。そのため、後遺障害等級が得られない場合、通院慰謝料の他には、交通費等の諸費用程度しか請求するものはありませんでした。

カルテを取得の上、異議申し立てや紛争処理機構への申立てを行いましたが、主な症状である左手のしびれを裏付けるような所見に乏しいこと、整形外科の診療録はしびれの症状の記載は希薄であること等の事情もあって、認定を得ることはできませんでした。

訴訟では、主として後遺障害に該当するのか、という点が争点となりました。
弊所の弁護士は、事故前の診療録を精査し、事故後の症状と事故前の症状は受傷部位や発症機序が異なるものであることを丹念に主張しました。診療録の記載が淡泊な点についても、事故前にあった異なる部位の症状について、強い痛み止めが処方されており、これを服用していたことから、本件事故の整形外科で独自に処方されることがなく、症状の本質も見落とされる結果となったこと等を説明しました。 これら主張・立証を尽くした結果、裁判所からは、後遺障害等級そのものを認定することは困難であるものの、その存在を一定程度考慮した和解案が提示されました。その内訳も、通院慰謝料はこちらの請求額の満額(約99万円)とした上で、30万円以上が積み増されていました。

ご依頼者様と協議した結果、この内容で和解に応じることとなりましたが、この積み増し分は訴訟を提起したからこそ得られた利益に他ならないものと考えます。

ALGが選ばれ続ける理由

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る