メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

傷害慰謝料、休業損害、後遺障害慰謝料、逸失利益について大幅に増額した事例

後遺障害等級:
8級2号
被害者の状況:
胸腰椎部の変形障害・荷重障害・圧迫骨折後の運動障害、両臀部・脊柱・腰部の疼痛
争点:
休業損害(主婦)、傷害慰謝料、逸失利益、後遺障害慰謝料
対応事務所:
大阪支部
弁護士法人ALGに依頼した結果
休業損害 約49万円 約190万円 約141万円の増額
傷害慰謝料 約80万円 約224万円 約144万円の増額
後遺障害慰謝料・逸失利益 約819万円 約2,427万円 約1,608万円の増額

事件の概要

ご依頼者様は交通事故により胸椎及び腰椎圧迫骨折等の傷害を負いました。
症状固定後、後遺障害の申請(事前認定)をしたところ、8級2号の等級が認定されました。この結果を踏まえ、相手方保険会社から損害賠償金額の提示がなされました。
提示された金額は、休業損害及び傷害慰謝料については1日あたりの損害を自賠責基準に則って計算したもの、後遺障害については(おそらく)慰謝料と逸失利益を合計して819万円というもので、金額としては小さくないものの、ご依頼者様としては金額の妥当性について判断できなかったため、弁護士に相談されました。
ご依頼者様は弁護士費用特約の使える任意保険に加入しておらず、弁護士費用は自己負担となるケースでしたが、弁護士に依頼することにより賠償額の大幅な増額が見込まれ、弁護士費用の負担を踏まえてもご依頼者様が取得される金額が大きく増加する旨を説明したところ、弁護士法人ALG&Associatesにご依頼いただくこととなりました。

弁護士法人ALG大阪支部・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料については、加害者の行為の悪質性(ひき逃げ)や事故後の対応の不誠実さを指摘し、ご依頼者様の受けた精神的苦痛は通常の事故よりもさらに大きなものであると主張した結果傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料のいずれも、弁護士が介入し交渉した場合の一般的な賠償額の上限よりも1~2割程度多い金額での合意に至りました。傷害・後遺障害の程度からして傷害慰謝料、後遺障害慰謝料ともに大きな金額であったため、この1~2割部分についても大きな増額となりました。


2 休業損害については、脊柱の運動障害という体幹の症状の影響は全身の動作に影響が及ぶものであり、日常家事全般を困難たらしめるものであること、家事労働能力の低下は日々継続的に生じうるものであることなど、ご依頼者様の本件事故による損害について適正な賠償がなされるべき理由を保険会社に対して強く主張しました。
具体的には、病院への入院日数に限り休業損害が生じているとの相手保険会社の主張に対し、主婦として家事を行いえないことに係る休業損害は入通院の全期間を通じて生じているとの主張を行い、結果として、122日の入院期間について100%分、123日間の通院期間についても50%分の家事労働を行いえなかったという計算での休業損害が認められました。


3 後遺障害による逸失利益についても、後遺障害の等級に応じた労働能力の喪失率と年齢に応じた稼働年数から計算される適正な金額を主張し、当方の主張通りの金額で合意することができました。


4 相手保険会社は数ある任意保険会社の中でも損害賠償金を出し渋ることで知られる会社でしたが、担当弁護士の粘り強い交渉により、傷害部分(傷害慰謝料及び休業損害)並びに後遺障害部分(後遺障害慰謝料及び逸失利益)の双方について大幅に増額し、ご依頼者様に納得していただくに足る十分な賠償額を獲得した上で示談を成立させることが出来ました。

後遺障害等級認定

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る