メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

慰謝料及び将来介護費について、弁護士の交渉により裁判をした場合と同等の賠償を獲得できた事例

後遺障害等級:
併合1級
被害者の状況(症状):
頭部外傷、脳挫傷、高次脳機能障害、鬱状態、両目の視力低下
争点:
賠償額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約2150万円 約3711万円 約1561万円の増額

事案の概要

増額:1561万円

【介入前】
傷害慰謝料 61万円 
後遺障害慰謝料(+逸失利益) 2150万円
将来介護費 200万円

【介入後】
傷害慰謝料 213万円(裁判基準満額)
  後遺障害慰謝料 2800万円(裁判基準満額)
将来介護費 1127万円(日額4000円を平均余命まで)

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

慰謝料及び将来介護費について、裁判をした場合と同等の賠償を交渉で得ることができた事案。 依頼者は、高次脳機能障害で3級の認定を受けていたことから、将来介護費の日額をいくらとすべきかが最も大きな争点となった。
まず、過去の裁判例を踏まえると日額4000円が妥当であることを依頼者に説明し、納得を得た上で、相手方保険会社にはひとまず実費分の請求を行った。これに対し、相手方からは傷害慰謝料、後遺障害慰謝料を裁判基準の0.8掛け、将来介護費日額を4000円とする回答を受けた。
これに対して、過去の裁判例を踏まえ、日額6000円の将来介護費の支払いを求めたところ、将来介護費の日額を動かすのは難しいものの、慰謝料での調整の打診があったことから、傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料で裁判基準の満額の支払いを受ける形で示談をした。
将来介護費は、過去の裁判例の蓄積からある程度妥当な金額を算定できる項目である反面、依頼者の納得を得ることが非常に難しい項目でもある。
この点、依頼者には交渉の早期の段階から裁判例を踏まえて見通しを伝えることができていたことから、最終的に、きちんと依頼者の納得を得たうえで示談をすることができた。
将来介護費の相場については、令和2年の赤本下巻の講演録のもととなった講演に参加して資料をもっていたことから、相手方や依頼者への説明に利用することができた。

交通事故の賠償金額 無料診断サービス

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る