メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

死亡事故において兼業主婦の逸失利益について粘り強い交渉を行った結果、約1370万円増額した事例

後遺障害等級:
死亡
被害者の状況:
死亡時73歳
争点:
賠償額
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約3426万円 約4800万円
(自賠責保険金を含む)
約1374万円の増額

事件の概要

被害者は、工事現場警備業務中に、エンジンかけたままサイドブレーキ忘れのトラックに衝突され、死亡しました。
ご遺族は、相手方保険会社から提示された賠償案に疑問を持ち、弊所にご依頼されました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

被害者は、警備員として就労すると共に、全盲・四肢麻痺の障害者である妻のために介護及び家事に従事していました。
そこで、逸失利益は、兼業主婦に準じた額を基礎収入額として請求することにしました。
もっとも、交渉は難航することが予想されました。そこで、先に自賠責保険金を回収したうえで、じっくり相手方保険会社との交渉に臨むことにしました。
その結果、最終的には、約1370万円の増額にて示談をすることができました。

逸失利益の請求・交渉

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る