メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

後遺障害等級認定で非該当とされたところ、病院のカルテ取り付け及び画像鑑定を行い異議申し立てた結果14級9号が認められた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸部痛、左肘痛、左膝痛等
争点:
後遺障害等級、休業損害
対応事務所:
東京オフィス
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 治療中に受任 約205万円
(自賠責保険金含む)
金額提示前のご依頼
後遺障害等級 治療中 14級9号
(頚部、左肘、左膝)
申請前のご依頼

事件の概要

傷病名:左膝挫滅創、右肘擦過傷、左大腿部打撲、両肘打撲、左手打撲
非該当→画像鑑定の行い、異議申立て
頚部、左肘、左膝について、14級9号の認定

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

頚部、左膝及び左膝の痛みに関し、非該当であったため、各病院のカルテ取り付け及び画像鑑定を行い、異議申立てをした結果、いずれの部位も14級9号が認定された。
賠償交渉においては、休業損害のうち、退職した清掃業のアルバイトに関する休業損害が争われたが、退職先に、退職証明書等を作成してもらうことで、一定額の支払いを受けることができた(但し、CLによると、清掃業の募集自体無くなったため、復帰できなかったとのことであった)。

後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る