メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

自営業の確定申告をしていないのにもかかわらず、弁護士の介入により、賠償額が約1000万円以上増額した事例

後遺障害等級:
併合第10級
被害者の状況(症状):
胸椎圧迫骨折、膝蓋骨開放骨折、鎖骨骨折
争点:
賠償額
対応事務所:
東京オフィス
                           
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約1000万円(自賠責保険金を含む) 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 併合第10級認定をサポート
過失割合 20% 15% 過失割合をより有利に

事案の概要

依頼者がバイクで走行していたところ、急ブレーキをかけた相手方車両を避けようとして転倒し、胸椎圧迫骨折、膝蓋骨開放骨折、鎖骨骨折を受傷しました。
依頼者は、後遺障害申請の手続きや相手方保険会社との交渉を希望し、弊所にご依頼くださいました。

弁護士法人ALG東京オフィス・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まず、被害者請求にあたって、後遺障害診断書にご本人の自覚症状が抜けていたり、傷病名の誤記、脱字等があったりしたため、病院に対して複数回の訂正依頼が必要となりました。その結果、自賠責において、胸椎圧迫骨折(脊柱の変形)については後遺障害等級11級7号、膝蓋骨開放骨折(膝の痛み)については同12級13号、鎖骨骨折については同12級5号に該当すると判断され、併合第10級が認定されました。
その後、相手方保険会社との賠償交渉を開始しました。しかし脊柱変形障害に関して、依頼者が骨折部の痛みはないと述べていたこと、また、自営業の確定申告をしていないため、具体的な減収額の立証が困難であること等から、交渉は難航しました。
もっとも、脊柱変形が認定されている以上、将来的に受傷部に痛みが出現するおそれがあること等を主張し、最終的には自賠責も含め、約1000万円にて示談をすることができました。

交通事故の賠償金額 無料診断サービス

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を支部別に見る