メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

主婦休損を認めさせ最終支払額360万円にて示談が成立した事例

後遺障害等級:
非該当
被害者の状況(症状):
大腿骨骨折
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
   
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約360万円 適正な賠償額を獲得

事案の概要

被害者は、高齢の主婦でしたが、買い物に行く際、自転車で直進していたところ、脇道から出てきた相手方運転の車両と衝突して転倒し、大腿骨骨折を受傷しました。
被害者は、後遺障害申請手続きや相手方保険会社との交渉を希望し、弊所に依頼されました。

弁護士法人ALG東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まず、後遺障害診断書には、ご依頼者様の自覚症状を漏れなく記載してもらいましたが、癒合が得られた後も、長期間にわたり、複数回、通院が空いていた期間があること、経過の診断書上、骨折の癒合もリハビリの経過も良好であると記載されていたこと等から、自賠責では後遺障害等級は認定されませんでした。

異議申立てをしたものの、判断は覆らなかったため、ご依頼者様と相談し、傷害の賠償交渉に進むことになりました。

その後の賠償交渉においては、主婦業への具体的な支障等を立証し、相手方と粘り強く交渉した結果、約220万円以上の主婦休損が認められました。

また、慰謝料についても、通院頻度は大変少なったものの、通院回数ではなく、治療期間に対する慰謝料が認められ、最終的には、約360万円にて示談をすることができました。

交通事故の賠償金額 無料診断サービス

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る