メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

後遺障害等級認定の異議申し立てにより非該当から12級13号が認定された事例

後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況(症状):
右母指IP関節脱臼、顔面骨骨折(左頬付近)
争点:
後遺障害等級、逸失利益、賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
                              
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約1053万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級9号 12級13号等級アップ

事案の概要

事前認定、顔面骨骨折部のツッパリ感・唇のしびれ等の症状について14級9号が認定され、右母指については拘縮で曲がらない等の症状については後遺障害非該当だったため、異議申立てから受任した。

弁護士法人ALG東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

画像鑑定を行ったところ、顔面骨骨折部について、骨折部付近に唇につながる神経が走行していたことが明らかとなった。

通常、12級13号は症状固定時の画像所見の有無が重要となるが、本件のような神経損傷は事故当時の所見、その後の治療経過や自覚症状を踏まえて総合的に判断されるべきと主張して異議申立てを行ったところ、12級13号が認定された。

母指の症状については、固定期間も短かかったことから当初より依頼者には顔面骨骨折部で高い等級を取りにいくべきであると伝えていたため、依頼者としても納得できる認定となった。

また、示談交渉においては、裁判例上、逸失利益利益を等級よりも低く認定する傾向があったものの、仕事上大声を出す必要があるが、後遺症によりうまく出せないこと等を主張した結果、14%10年を基準に逸失利益が認められた。

後遺障害等級認定の異議申立て

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る