メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

家事労働への支障等を主張したことにより仕事を休んでいない兼業主婦の主婦休損を認めさせ、賠償額を増額させた事例

後遺障害等級:
なし
被害者の状況(症状):
腰痛
争点:
賠償金額(主婦休損)
対応事務所:
東京法律事務所
 
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約48万円 約113万円 約65万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は30代の女性で、歩行者が歩行中の横断歩道の手前で一時停止したところ、追突される事故に遭われました。
約半年通院されたのち、相手方保険会社より賠償額が提示されていましたが、後遺障害申請をしたいとのことで、ご相談に見えました。

弁護士法人ALG東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、約半年通院されたのちも腰痛等の症状が残存していたため、後遺障害申請をしたいとのご意向でした。

そのため、受任後、速やかに資料を取り付けて後遺障害申請を行いましたが、残念ながら結果は非該当でした。
ご依頼者様は、異議申立てはせずに示談交渉に移りたいとのご意向であったため、示談交渉を行いました。

示談交渉においては、ご依頼者様が兼業主婦として主婦業をされていたため、主婦休損を請求しましたが、相手方保険会社の最初の回答は、ご依頼者様が仕事を休んでいないことから主婦休損は認められないというものでした。

そのため、ご依頼者様から家事への具体的な支障を聴取したのち再度交渉を行ったところ、相手方保険会社はようやく主婦休損を認めるに至りました。

また、主婦休損の金額の金額については、当初の回答が約20万円でしたが、数回にわたる交渉の結果、約32万円に増額されました。

その他傷害慰謝料についても交渉を行い、最終金額約113万円で示談となりました。

後遺障害等級の認定には至りませんでしたが、粘り強い交渉の結果適正な賠償額が得られたことによって、ご依頼者様に満足していただけた事案でした。

後遺障害等級認定

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る