メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間予約受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

より高い賃金センサスで計算するよう要求し、約1100万円の賠償金での合意に至った事例

後遺障害等級:
10級10号、12級5号、併合9級
被害者の状況(症状):
右鎖骨遠位端骨折、右烏口鎖骨靱帯断裂
争点:
逸失利益
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約500万円 約1100万円 約600万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、2つのアルバイトを掛け持ちしていた30代後半の男性でした。

事件としては、片側2車線道路の第2車両通行帯前方を走行中の加害車両が、第1車両通行帯後方をバイクで走行中のご依頼者様に気が付かないまま、ウインカーで合図することなく、第1車両通行帯に車線変更したため、ご依頼者様のバイクに衝突し、ご依頼者様が右鎖骨遠位端骨折、右烏口鎖骨靱帯断裂の傷害を負ったというものでした。

当初相手方保険会社が提示した金額は約500万円でした。相手方保険会社は労働能力喪失率を本来は35%であるところ27%に、労働能力喪失期間を本来は28年であるところ10年として計算していました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

相手方保険会社は、顧問医に医療照会した結果、治療結果及び予後は良好である、ご依頼者様のアルバイトのダブルワークが67歳まで続けられるのか疑問であると主張して、労働能力喪失率及び期間を上記のように主張しました。

治療結果及び予後については、実際に可動域制限が生じ、仕事に支障をきたしていることを具体的に伝えました。また、アルバイトのダブルワークについては、それを言うのであれば、今後より高収入な職に就職する可能性もあることから、より高い賃金センサスで計算するよう要求するなどしました。交渉の結果、後遺障害逸失利益は当初の倍近くまで引きあがり、賠償額としては約1100万円での合意に至りました。

交通事故に遭われた方へ

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る