メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間予約受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

主婦休損として約100万円が認定され、最終的に約210万円の増額となった事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫、腰椎捻挫、頚部痛、腰痛
争点:
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約160万円 約370万円 約210万円の増額

事案の概要

被害者は、40代の兼業主婦でした。被害者は相手方が運転する車両に追突され、頚椎捻挫及び腰椎捻挫を受傷しました。

被害者は、頸部痛及び腰痛に関し、各々後遺障害等級14級9号に該当すると判断され、相手方保険会社から賠償額の提示を受けましたが、適正な賠償額なのか疑問を持たれ、弊所に依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は事前に休業の資料を相手方保険会社に提出し、既に支払いを受けていました。

しかし、お話を伺うと、主婦業への支障が大きかったこと等から、増額交渉の際は、主婦休損に引き直して交渉をすることにしました。

その結果、主婦休損として約100万円が認定され、逸失利益は請求どおりの認定となったため、最終的に約210万円の増額となりました。

交渉期間も約2週間とスピーティーに解決することができ、ご依頼者様にも満足いただけた案件でした。

弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る